ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昨年より1等当選確率上昇の幸運の女神くじ 地区別狙い目数字

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年4月に就任した6人の「第35代目・宝くじ幸運の女神」が図柄になっている「幸運の女神くじ」が発売中だ。1等・前後賞合わせて1億円という豪華賞金も魅力だが、1等の当せん確率が昨年よりアップしているのも嬉しいところ。

 全国4つのブロックごとに、狙い目を紹介していこう。

◎東京都宝くじ(第2253回)
 一昨年も昨年も1等は「04組」だった。3年連続ということもありえるかもしれない。

◎関東・中部・東北自治宝くじ(第2315回)
 最近は1等の組に「ぞろ目」がよく出ている。

◎近畿宝くじ(第2432回)
 末尾が「0」の組で1等が出ることが多い。今年は25組までの発売なので、「10組」と「20組」がチャンスかも。

◎西日本宝くじ(第2123回)
 1等の組の数字は、比較的小さい傾向がある。最多出現の「08組」を中心として、「01~09組」あたりを押さえておこう。

※女性セブン2014年7月3日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
幸運の女神くじ 過去分析では東京は191698番がラッキー数字
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
現在発売中西日本宝くじ 1等当選確率は他と比べ2倍近い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP