ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トムス50周年特番 アニマックスで26時間連続放送

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 BS/CSのアニメ専門チャンネル『アニマックス』では、国内アニメ制作会社、トムス・エンタテインメント(以下、TMS)のアニメ制作50周年を記念した特別番組を、8月2日夜7時から3日夜9時までの26時間連続して放送する。

【関連:トムスらアニメ関連4社で“アニソン”主軸の多機能型エンタメ会社新設】


 TMSは、東京オリンピックの開かれた1964年に当時人形劇を手掛けていたスタッフが手塚治虫原作の『ビッグX』アニメ制作を引き受けたことからスタート。
放送当時は国産テレビアニメ(テレビまんが)の空前のブームの真っただ中で、『ビッグX』は通算9番目の国産テレビアニメに当たる。手塚氏とは関係ないスタッフが手掛けた初めてのアニメで、人材不足のため、人形劇など各方面からスタッフの募集がかけられた。
特別番組では、東京オリンピック目前に世間が盛り上がる中、美大を中退して素人同然でアニメ作りに参加し、今回放送される第11話「海の墓場」(未ビデオ化・衛星初)の制作に携わった作画スタッフのエピソードなど貴重な発掘裏話が紹介される。


 今回司会をつとめるのは、各世代の代表した関根勤さん、つるの剛士さん、菊地亜美さんの3人。スタジオでの“TMSのDNA”をテーマにしたトークや取材VTRなどでTMSアニメの魅力が紐解かれる。
また番組では、「ヒロインのDNA」「レジェンドたちのDNA」「アニソンのDNA」などテーマごとにコーナー編成。そしてTMS作品から、45エピソードが放送される。

 また、今回の特番の放送にあわせて、アニマックス契約者無料のVODサービス『アニマックス PLUS』でもTMSアニメ特集が実施される。配信初登場の名作『がんばれ!! タブチくん!!』ほか4作品が予定。

(c)手塚プロダクション/TMS

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP