ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB総選挙 選抜入りメンバーに「祝福メッセージ」はあって当然? ネットで議論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日開票が行われたAKB選抜総選挙に、乃木坂46(以下「乃木坂」)からも2人のメンバーが参戦。2人とも選抜メンバーに選ばれる快挙を成し遂げたが、これが思わぬ憶測を招いている。

これまで総選挙にはノータッチだった乃木坂だが、今年2月の「大組閣祭り」で、SKEの松井玲奈の乃木坂との兼任、さらに乃木坂の生駒里奈のAKBとの兼任が発表され、生駒と松井は先の総選挙に出馬した。そして、前回7位の松井は5位に順位を上げ、初参戦の生駒も14位にランクイン。2人揃ってシングルの選抜入りを果たした。

しかしファンの間からは、思わぬ指摘が登場している。すなわち、乃木坂のメンバーが、2人に対して祝福のコメントを出したかどうかを、あるファンが逐一チェック。メンバーは「モバメ」(モバイルメール)を配信していて、そちらで選挙について言及したかどうかということのようだ。それによると、

「生駒も玲奈も祝福」
「生駒のみ祝福」
「生駒も玲奈も無視」

とリスト化され、「生駒も玲奈も無視」のリストには、選抜の中でグループを代表する「十福神」(AKBでいうところの「神7」のようなもの)の白石麻衣や橋本奈々未、松村沙友理、深川麻衣、桜井玲香なども名を連ねており、ネットユーザーからは、

“別に触れなきゃいけない理由もない”
“触れなかったぐらいで叩くとか陰湿”

など、いちいちそれをチェックするのはどうか、という声があがる一方、

“(祝福しないのは)ひどい”

といったコメントも寄せられている。

もちろん、会って言ったのかもしれないし、これだけが全てではない。だが、グループアイドルを応援するファンのなかには、互いがどう思っているかを「ネットで発信する内容」で判断する向きもあるようだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP