ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャープ、ディスプレイ形状を自由にデザインできる「フリーフォームディスプレイ」技術を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャープは6月18日、ディスプレイ形状を自由にデザインできる液晶ディスプレイ「フリーフォームディスプレイ」を開発したと発表しました。スマートデバイスの普及に伴い競走が激化しているLCD市場に変革をもらしそうな製品ですね。液晶ディスプレイと言えば、四角い表示領域を持ったものが常識だと思いますが、シャープが開発したフリーフォームディスプレイでは、自由に形状を設計できる新技術によって用途に合わせた形状の液晶ディスプレイを開発できるというのです。ハート型や丸型といったものだけではなく、上図のようなスピードメーター用のパネルも開発できるそうです。今後普及していくスマートウォッチやスマートグラスなどのウェアラブルデバイスにおいても重宝される製品になると思います。

こんな形状のタブレットも夢じゃない? Source : 東芝USA

フリーフォームディスプレイは、従来技術では外枠に配置していた主要部品 ゲートドライバを液晶パネルの画素内部に配置できる新技術によって形状やベゼルを自由にデザインできるようにしています。しかし、現在はプロトタイプの段階です。シャープはできるかぎり早く商品化・量産を行いたいと述べています。Source : シャープ



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 7全モデルが日本のGoogle Playストアで在庫切れに
HTCが“HTC F1”タブレットを開発しているという噂
LG G VistaはLG G3のデザインを継承

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP