ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中田英寿氏の期間限定カフェ カズ、ベンゲル、大島優子来店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 風の向くまま、気の向くまま。8年前のドイツW杯を最後に現役引退して以来、国内外を旅し続けている中田英寿氏。彼はいま、W杯で盛り上がるブラジルにいる。この地で期間限定の「nakata.net Cafe 2014@サンパウロ」をオープンしているのだ。

「W杯にあわせて店を開くことで、日本文化を世界に発信し、その魅力を伝えたかった」(中田氏)

 本物にこだわる彼が用意したのは、西麻布の和食店『ラ・ボンバンス』の岡元信シェフプロデュースの日本料理に、美濃焼の器。そして『作』『伯楽星』など14種類の日本の酒。旅をしている間に利酒師の資格をとったという氏が選んだ酒は、正に日本代表“ナカタJAPAN”といえる逸品揃いだ。

 残念ながら黒星スタートだった日本代表に対し、中田氏の店はオープンから大繁盛。元日本代表の三浦知良選手やアーセナルのアーセン・ベンゲル監督、元フランス代表のビセンテ・リザラズ選手、さらにはAKB48を卒業したばかりの大島優子など、世界中から大物が続々来店している。

「こんな美味しい酒は飲んだことがない!」と喜ぶ人たちの声に、「日本酒は和食だけでなく、どんな料理にもあうんです」と語る元日本のエースが、ブラジルに“日本旋風”を巻き起こしている。

撮影■Osvaldo Giroldo Junior

※週刊ポスト2014年7月4日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
5大会連続W杯出場・サッカー日本代表の強さに秘密に迫った書
W杯で注目 ブラジル代表ネイマールの成長の歴史を追った本
遠藤保仁 W杯グループ突破「コロンビア戦までに決めたい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP