ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コロンビアSBアルメロは要注意 ファルカオに代わるFWも多い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 グループリーグ最後の大一番、6月25日に日本が対戦するコロンビアはグループ内最強の呼び声高い。が、そんな強敵にも付け入る隙はある。コロンビアの基本形は4-4-2。ボールポゼッション(支配率)を高めるサッカーを好むチームである。

 そして南米のチームらしく攻撃重視の傾向にある。両サイドバック(SB)のスニガ、アルメロが快足を飛ばして駆け上がり、相手守備陣を深くえぐって前がかりにプレスをかけ、点を奪うという形を得意としている。

「特に左SBのアルメロは要注意です。ペケルマン監督が好む攻撃型の選手で、ダイナミックに相手陣内まで上がってくる。それに、司令塔のMF・ロドリゲスらとの連携も気をつけなければならない。ロドリゲスからパスが出ると、ほとんどがチャンスに繋がっています」(戦術に詳しいサッカージャーナリストの西部謙司氏)

 コロンビアで、最終的に点を取る「フィニッシャー」として有名なFW・ファルカオが今大会はケガのため招集されなかったが、それでも攻撃力に陰りはない。堅守を誇るギリシャから3点を奪ったことでもそれは証明された。

 ファルカオとツートップを組んでいたFW・グティエレスは好調をキープ。さらに、ファルカオの代わりを十分務め得るFWもたくさんいる。

 長友佑都とインテル(イタリア)で同僚のグアリン、1年目からポルトガルリーグの得点王になったマルティネス、昨季ベルギーリーグで得点王とMVPを獲得して、現在はスペインリーグで活躍するカルロス・バッカなどだ。

※週刊ポスト2014年7月4日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
遠藤保仁 W杯グループ突破「コロンビア戦までに決めたい」
ギリシャ 守備は堅いが点を取られた途端にゲームプラン崩壊
B型の人の割合 日本は22%、インドは40%、フランスは7%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。