ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宝剣酒造定番酒 広島の伝説の元不良がキレる後味追求し誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島が生んだ酒米「八反錦」で造られた純米酒が、「寶剱(ほうけん) 純米 八反錦」。料理の邪魔をしないきれいな味で「おかわりしたくなる」と評価が高い。「うまいけん」といわれるようになった宝剣酒造の定番品だ。

「日本酒、おまかせでと言われたら、最初に宝剣を出しておけば間違いない」と地元広島の飲食店で高く評価される。うるさ型の客を納得させる理由のひとつは、蔵内に湧く野呂山をくぐって自然に濾過された仕込み水。

「酒は辛く造ってあるけれど、最後の最後でフッと甘く感じるのはこの水のおかげ」と5代目杜氏の土井鉄也さん(38歳)。とはいえ、通称「どいてつ」が旨し酒を醸すまでは紆余曲折があった。

 地元では伝説の元不良。パンチパーマで酒の配達を手伝っていたが、杜氏だった父が倒れて酒造りを引き継いだ。その頃、地元広島弁で「宝剣まずいけん」と囃し立てられたのが悔しかった。そこで、使用する酒米を地元の八反錦に限り、数多くあった銘柄を減らして、絞り込んで試行錯誤した。

 食事を引き立てる食中酒を狙い、深い味わいがありながらキレる後味を追求し、日本一の蔵を目指す。

撮影■佐藤敏和

※週刊ポスト2014年6月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【被災地定点観測】酒造跡地は更地に 新天地での営業再開へ
「十六島」「駅部田」「特牛」「晩稲」地名クイズ中国近畿編
広島市民溺愛のカープうどん 2年前から「全部のせ」が登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP