ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「酔いにくくなる食べ物」を検証

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビールがおいしいこの季節、翌日に悪影響を与えないよう試したいのが「酔いにくくなる」といわれている食べ物。でも、本当に効果はあるものなのか? 川崎南部病院健康管理センター所長の仲 眞美子先生に効果のほどを伺った。

【大きな図表や画像をもっと見る】

◎とり肉…アルコールの分解に欠かせない“必須アミノ酸”を多く含む。また、細胞の“材料”であるタンパク質が肝細胞の再生に優先的に使われ、解毒分解作用が向上

◎牛乳…飲酒の直前にコップ一杯程度を飲むことで胃に膜が張られ、アルコールの吸収が穏やかに

○海藻…水溶性の食物繊維が、消化器官でのアルコールの吸収を抑える

○しじみ…アルコールの吸収を穏やかにする。肝細胞の再生も期待できるが、摂取できる全体量が少ないため、効果は肉に劣る

○ゴマ…肝細胞の代謝機能を高め、解毒分解作用を促進

○枝豆など大豆製品…必須アミノ酸を含み、解毒分解作用を補助

○カレー…ターメリック(ウコン)が肝細胞の代謝機能を高め、解毒分解作用が向上

○イカ、タコ…肝細胞の機能を改善する成分・タウリンを含有

○お茶、コーヒー…飲酒後に飲むと、カフェインがアルコールの分解を助ける

△大根…消化酵素がアルコールを分解するが、その働きは脇役程度

△グレープフルーツジュース…ビタミンCがアルコール分解を助ける。しかし、肝臓での解毒分解を阻害する酵素も持っているので、効果はイマイチ

仲先生によると、上記で一番「酔いにくくなる」のはとり肉で、「飲む前に2~3個のからあげを食べると◎」とのこと。他の食べ物も、高い効果を期待するには“飲酒前に”がベストのよう。数時間後の自分の姿を決めるのは、おつまみかも!?
(田中恵里菜/GRINGO&Co.)
(R25編集部)

「酔いにくくなる食べ物」を検証はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「ふつか酔い」予防法をおさらい
遺伝子で決まる「酒飲み」のタイプ
タイプ別「酒グセ」の深層心理とは
飲み過ぎが分かるバッテリーケース
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。