ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

故・永谷脩氏が故・原貢氏について綴った最後の原稿全文公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スポーツライター・永谷脩(ながたに・おさむ)さんが、6月12日午前、神奈川県内の病院で急性白血病のため68歳で死去した。『週刊ポスト』誌上では、2013年5月より、球界関係者の知られざるエピソードを描く「白球水滸伝」を連載中だった。入院中も執筆意欲は衰えず、一度も休むことなく連載を続けた。永谷さんの同誌最後の原稿は、原辰徳監督(巨人)の父・原貢氏について綴ったもの。その全文を紹介する。

 * * *
 6日、巨人監督・原辰徳の父で、投手・菅野智之の祖父である原貢(はら・みつぐ)の家族葬が行なわれた。菅野は貢が倒れてからも、動じることなくエースとして巨人を支えているが、これを見ると、祖父が菅野を巨人に入れようとしていた理由がよくわかる。辰徳も厳父を送り出し、その日の試合にも勝利した。

 貢は1965年、無名校だった三池工(福岡)を夏の甲子園で初出場初優勝に導き、翌年、東海大相模の監督に着任した。父とともに、辰徳も神奈川に転校してきて東海大相模高に進学。1年時からレギュラーとして活躍し、原父子は1974年から夏3回・春1回(1975年)の計4回、甲子園に出場した。ただ春に準優勝(高知に敗北)となった以外は、あまり良い結果を残せなかった。

 貢は鉄拳制裁も辞さない厳しい指導で知られる。思い出すのは辰徳が2年の夏。準々決勝で敗れて帰る東海大相模ナインと、JR芦屋駅でバッタリ出会った。聞けば在来線で横浜まで帰るという。厳しいですネと貢に言うと、「負けた人間が遊んでいる暇はない。新幹線は贅沢だ」として、「立って帰れ」とナインに厳命していた。

 原の実家は小田急線・東林間駅近くにある。私が所帯を持った最初の場所が東林間だったこともあり、辰徳はよく家に遊びに来ていた。食事をしながら、「プロは広島がいい」などと、将来の夢を話したものだ。その時彼は「大学ならば東京六大学」と言っていたが、結局は父親と一緒に東海大に進む。まだ首都大学リーグが駒沢球場でやっていた頃である。この頃私は、辰徳の母・勝代が、夫にこんな話をしていたのを聞いてしまった。

「タッチンはあなたのために十分尽くしている。もうどこに出しても恥ずかしくない。堂々と主将にさせてあげてください」

 実は辰徳は高校時代、主将ではなかった。監督とすれば、息子を主将にすることは勇気がいることだ。貢監督がどう考えたか、この一言が効いたかどうかは定かではないが、辰徳は東海大の主将となった。その後の活躍、巨人へのドラフト1位での入団は周知の通りだ。

 辰徳は入団以来、嫌なこと(球団が落合博満をFAで獲ったり、外野にコンバートされたりなど)を我慢してきた。その我慢は、常に父親に言われた通りにやってきたことで培われたのではなかったか。「赤い糸で結ばれている」と言って結婚した時くらいしか、親に歯向かうことはなかったのではないかと思う。

 2012年、原巨人が日本ハムに勝って日本一になった時、飛行機で貢と一緒になった。息子さんは立派な監督に成長しましたネと言うと、こう言っていた。

「立派になった。ただ巨人の監督としては少し不満だけどな」

 貢は、野球は戦術・戦略だけではできないという監督としての持論がある。そのことを私は相模原の飲み屋に二、三度連れて行ってもらった際に聞いた。

「高校野球の審判には自営業者、特にタクシーの運転手が多い。自由な時間が多いから。だから日頃の送り迎えを頼めばネ……、“魚心あれば水心”だよ」

 貢には、私が余分な東海大の人間関係を書いたせいでどやされたり、皆の前で叱られたりもした。しかし男気に溢れ、少し山っ気もあり、側にいて楽しい人だった。それに東海大の教え子たちには必ず教員免許を持たせ、系列校の就職に口を利くなど、面倒見の良さで慕われ、人がついてくる面があった。

 原監督にとって、尊敬し続けた厳父を失い、本当の一本立ちができるかどうか。貢の言う「大巨人の監督」になれるかが問われている。

※週刊ポスト2014年6月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
西武球団・坂井保之元社長 巨人と展開した郭泰源争奪戦秘話
巨人黄金時代の5番手捕手が語る「プロで成功する秘訣」とは
江川卓氏のかつての米国人同居人 「臭い」と漬物を全て廃棄

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP