ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

内痔核の治療 注射と切除の併用療法による根治治療が可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世の中に痔で悩む人は相当数いるといわれるが、正確な数はわからない。一般的に痔は、裂肛(れっこう、切れ痔)、痔核(イボ痔)、痔ろうに大別される。中でも患者が一番多いのが痔核だ。痔核には直腸にできる内痔核(ないじかく)と、肛門にできる外痔核がある。直腸粘膜には知覚神経がないので、内痔核は痛みを感じないが、肛門には知覚神経が集まっており、外痔核や裂肛は痛みを感じる。

 かつて痔核の治療は、内痔核と外痔核ともに痔核の根元を糸で縛り切除する結さつ切除(LE)が主流だった。根治性は高いが術後の痛みがあり、さらに手術した傷からの出血など合併症のリスクがある。そこで1週間から10日程度の入院が必要だった。

 内痔核治療法研究会代表世話人の岩垂(いわだれ)純一診療所(東京都中央区)岩垂純一所長に話を聞いた。

「脱出する内痔核を対象として、2005年に保険承認されたのがALTA治療です。手術するのではなく、内痔核を4か所に分けて、各々に適量の薬剤を注射するだけということで、全国に普及しています。今や年間約5万人の方が治療を受けています」

 内痔核に注射された薬剤は徐々に内痔核内の血流を遮断し、かつ急性炎症を起こさせる。その後、慢性の炎症が起こり、痔核が線維化し、硬く小さくなり、周囲に貼りつく。この治療は、痛みや出血がほとんどなく患者の負担が少ないのが特徴だ。

 しかしALTA治療は、術後1年で4.6%、2年目が7.8%、3年目は約10%と再発率が高いことが問題だった。再発率が高い原因は、患部の状態に関係している。痔核の患者は、脱出した内痔核と外痔核の両方を持つ内外痔核がほとんどだ。そのためALTA治療で内痔核は治療できても、外痔核が残るため、どうしても再発率が高くなる。そこで近年、LEとALTAの両方を行なうことで、根治を目指す併用療法が始まっている。

「治療に際しては、まずは内痔核と外痔核を明確に鑑別する必要があります。中には内痔核が肛門から脱出し、外痔核を巻き込んで肥大して、外痔核との見極めが難しい症例もあります」(岩垂所長)

 内痔核と外痔核を明確に鑑別した後で、外痔核に対してはLEを行ない、内痔核にはALTA治療を実施する。併用療法は傷が小さく、術後の痛みも少ない。ALTAの止血作用のためか出血も起きにくい。

 ただし、ALTA治療を外痔核に使用すると激しい痛みを生じる。さらに薬剤が痔核以外の組織に浸潤(しんじゅん)すると、直腸潰瘍など合併症が起こることもあるので、数多くの症例を手がける専門医の受診が不可欠だ。この施設では、麻酔専門医による静脈麻酔のため、ALTAだけでなく、LEとの併用療法でも日帰り手術で対応している。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2014年6月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
イボ痔の手術は「結紮切除術」が一般的 ALTA療法にも注目
子宮内膜症 痛みがある場合は年齢を重ねるほど症状重くなる
WHO認定の花粉症 唯一の治療手段は「舌下減感作療法」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP