ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

格安通話アプリ 楽天でんわ、LINE電話などどれほどおトクか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 月額の料金がこれまでの携帯電話に較べ高止まりしがちなスマートフォン。こうしたユーザーの悩みにこたえる新サービスが登場している。携帯電話や固定電話への通話が格安になる「通話アプリ」だ。

 2013年末には、楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが、従来料金の半額をうたった「楽天でんわ」サービスを開始した。2014年2月にはLINEがさらに安い料金を実現した「LINE電話」を発表。以前からインターネット電話で知られるスカイプや、NTTコミュニケーションズのIP電話「050plus」などの既存サービスも加わり、スマートフォンの格安通話サービス競争がにわかに熱を帯びてきた。

 これらのサービスはどのぐらいおトクなのだろうか。

 携帯電話事業者が提供するスマートフォンの国内通話料は30秒あたり21.6円で共通している。これに対し、LINE電話で2タイプある料金プランのうち、より安い「30日プラン」では、携帯電話に対して1分あたり6.5円、固定電話には1分あたり2円、そして国際電話は1分1.17円(アメリカ)と、圧倒的な安さで他社を突き放している。

 だからといって、LINE電話がどんな場合も安いというわけでもない。楽天でんわ、050plus、G-Callの料金は、使った分だけの後払いであるのに対し、LINE電話とスカイプは一定額を先払いしてチャージしておく必要がある。

 中でもLINE電話の30日プランは、60分相当の通話料(30日間有効)を事前に購入する必要があり、30日以内に使い切れなかった場合でも繰り越しや返金はできない。加えて、もし通話中にチャージが切れてしまった場合は、1分前に警告のアナウンスが流れた後、そのまま通話が切断されてしまう。使う分だけ差し引かれるコールクレジットであれば有効期限も180日と長いので無駄にはなりにくいが、コスト面でメリットは小さくなる。

 世界中で多くのユーザーを持つスカイプも先払い方式であるため、世界展開するLINEも同様のしくみを採用したとも考えられるが、使った分だけ支払うことに慣れている日本のユーザーにとっては使い勝手が悪く感じられるかもしれない。

 料金だけをドライに比較するなら、1か月でおおむね20分以上通話する場合はLINEの30日プランが最安で、それ以下なら楽天でんわや050plusなどが使いやすそうだ。

●文/森田悦子(ファイナンシャルプランナー・ライター)

※マネーポスト2014年夏号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
格安通話アプリ「LINE電話」と「楽天でんわ」 特徴と注意点
スマホ 2台持ちなら「ドコモ携帯電話+iPhone4」がオススメ
「LINE」ライバルの「カカオトーク」5人まで同時通話可能

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP