ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べ鉄が伝授「駅弁は1000円以下、選択に迷ったら全て買え」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏の行楽シーズンが近づいているが、車窓を眺めながら駅弁の包みをあけるときのワクワクは、鉄道の旅の醍醐味といえる。だからこそ、よりおいしく、そこでしか味わえないものを購入したい。

“食べテツの女”として連載『帰ってきた食べテツの女』(朝日新聞be土曜版)を持つ荷宮和子さんによると「駅弁は1000円以下のものがいい」という。

「高級なお弁当は駅弁フェアなどのイベントで購入するチャンスがあるけれど、1000円以下のリーズナブルなお弁当は、そこでしか購入できないものが多いんです」

 その土地の個性が満載のお土産もチェックしておきたい。

「時間がなくて売店しか入れなかったとしても、グルッと見渡すと、必ずオリジナリティーに溢れた地元のお土産が見つかります」

 もうひとつポイントがある。

「駅弁の選択で迷ったら、すべて買ってもいい。保冷バッグを持ち歩いていれば、帰った日の夕食になりますから」

 と荷宮さんは、あくまで攻めの姿勢。

「買っておけばよかったなぁと、列車が走り出してから後悔しないこと」

 それが食べ鉄の鉄則なのだ。

※女性セブン2014年7月3日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
箱根駅伝沿線グルメは「チキンレースである」と食べテツ指摘
駅弁通の東進ハイスクール日本史講師が絶賛「廣島上等弁当」
鉄旅の乗換で駅内食事を 福岡駅のラーメンや名古屋の手羽先

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP