ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2日野菜ジュースを飲むだけの週末プチ断食で1.6kg減に成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“体が軽くなった”“肌ツヤが良くなった”など効果を実感しやすい、とウワサの“週末プチ断食”。『イシハラクリニック』副院長で著書に『これがホントの毒出しダイエット』(主婦の友社)などがある医師の石原新菜さんはこう話す。

「とにかく現代人は食べ過ぎ。常に胃腸に負担がかかっている状態なので、胃腸を休めるためにも、“プチ断食”はおすすめです」(石原新菜さん、以下「」内同)

 プチ断食とは、朝だけや1~2日間だけなど、短い期間、食事を制限するデトックス法。施設などで行なう本格的なものではなく、自宅に居ながら週末を利用して行なう“週末プチ断食”が、最近注目されている。

「週末だけでも、体は確実にリセットされます。断食中の1日の摂取カロリーは500~800kcalを目安に。水やお茶、炭酸水などゼロカロリーの飲料はどれだけ飲んでも構いません。さらに、半身浴などでどんどん汗を流し、老廃物を体の外に出しましょう。プチ断食は体重が落ちるだけでなく、体の本来の機能を甦らせて、体調を整える効果も期待できますよ」

 断食をする際のルールは以下のとおり。

●朝・昼・夜は野菜ジュースを飲む
●おやつに梅干し&黒糖を食べてOK
●3日目から回復食。おかゆを食べる

 石原さんが提唱する野菜ジュースのプチ断食を、本誌記者が体験。2日間、にんじん2本×りんご1個で作った野菜ジュースを、朝・昼・夜、食事代わりに飲む。

「1日に必要なビタミン約30種類とミネラル100種類が1回で摂れます。野菜の繊維が残っていると胃腸に負担がかかるので、ジュースはジューサーで作りましょう」

 一回にできる野菜ジュースは約500ml。これを一食分として飲むので、想像以上にお腹がいっぱいになり、しかも意外と腹持ちがいい。

 しかしそうは言っても、午後になるとお腹がぐーっと鳴り、味の濃いものが食べたくなる…。そんな時は梅干しを一粒!

 そして石原さんの提唱通り、近所をウォーキングしたり、ホットヨガに行ってみたりした。食べていないのに体を動かして平気かと最初は心配したけど、むしろ体が軽いのでいつもより動きやすい! 結果、2日目から徐々に体重が減り、断食終了後には1.6kg減を達成した。

※女性セブン2014年7月3日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「カロリー25%オフで長寿遺伝子の働き高まる」との実験結果
750mlジュースで1泊2日過ごすプチ断食合宿で体重1kg減る
「プチ断食で飢餓状態作ると、体の機能目覚める」と医師解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。