ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DeNA山口俊 「抑えから先発転向は成功しない」説打破するか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先発転向以来、無傷の3連勝。“リリーフ失格”の烙印を押された横浜DeNAベイスターズの山口俊が、いまやDeNA先発陣の中で、もっとも安定感のある投手に変わった。スポーツライターはこう分析する。

「リリーフのときは、ピンチになると150キロのストレートやフォークを多投し、打者からすれば読みやすい投手だった。それが先発になってからは、カーブなど緩いボールを効果的に使い、投球に緩急が生まれた。もともとボールの力自体は一級品なので、これからも大崩れはしないのではないでしょうか」

 抑え投手として通算111セーブを挙げている山口。昨年途中から不調で中継ぎに降格し、今季もセットアッパーとして期待されていたが、一時は防御率が10点を超える乱調を見せ、5月に登録抹消。ファームで走り込みを続け、先発に備えてきた。

「先発から抑えへの転向は珍しくありませんが、逆のパターンは少ない。しかも、シーズン途中の配置転換は異例。わずか1か月足らずで、先発の体に変えた山口は見事です。完投目前の9回1死で交代させられたソフトバンク戦(6月15日)の悔しそうな表情からしても、先発に向いている。今は、100球を超えると、みずから代えてくれと言う投手も珍しくないですからね」(同前)

 過去100勝100セーブを記録した投手は、江夏豊(阪神など)、山本和行(阪神)、斉藤明夫(大洋)、郭源治(中日)、大野豊(広島)、佐々岡真司(広島)の6人。そのうち、先発として100勝以上挙げた投手は江夏と佐々岡だけだ。

「このなかで、抑えから先発に転向したのは大野だけ。山本や佐々岡は先発とリリーフを兼務した年もありましたからね。プロ野球界の歴史を振り返っても、8年もリリーフを務めた後、先発転向で何年も成功したのは、大野くらいのものでしょう。

 中日、ロッテで抑えを務めた牛島和彦は、プロ10年目の1989年に先発に転向し、12勝を挙げました。しかし、シーズン途中に肩を故障し、翌年以降は思うように投げられず、1993年限りで引退しています。

 西武黄金時代後期にリリーバーだった潮崎哲也は、東尾修監督時代の8年目に先発転向。12勝を挙げ、優勝に貢献しました。翌年も7勝とまずまずの成績を残した。しかし、以降は5勝、3勝と徐々に尻すぼみになり、中継ぎに戻っています。

 彼らが何年も持たなかった原因として、抑え時代の疲労の蓄積がケガという形になって現れたといえるでしょう。当時の抑えは、今のように1イニングだけ投げるわけではなかった。回またぎは当たり前でしたし、3イニング投げることも珍しくありませんでしたから」(同前)

 山口は入団1、2年目こそ数試合に先発しているが、ローテーションを守って投げるのはプロ9年目で初めて。山口が今後、先発として100勝を挙げる活躍を見せれば、野球史に名を刻む大投手たちと肩を並べる。

「蓄積疲労が心配されますが、昭和のころと比べ、格段にスポーツ科学が発達しましたし、今の投手は中6日のローテーションで回る。山口は“抑えから先発への転向は成功しない”という野球界のジンクスを破ってくれるかもしれません」(同前)



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神からDeNAへFA移籍の久保康友 先発起用に疑問のデータ
オリックス 山口高志の「14」つけた選手のほとんどが短命に
投手陣安定の阪神「肩は消耗品」の中西コーチの手腕も大きい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP