ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidタブレットとして発売された中華タブレットをWindowsタブレット化するハック方法が中国で公開される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

元々Androidタブレットとして発売された中華タブレットにWindows 8.1を移植してWindowsタブレット化するという、自作PCユーザーが好きそうなハック方法が中国のWEBサイトで紹介されていました。OSの入れ替えに成功したのは台湾 TeclastのBay Trailタブレット「Teclast X98 3G」です。この機種は、9.7インチ2,048×1,536ピクセルのディスプレイ、Atom Z3735Dクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、32GB ROMを搭載するほか、3G通信にも対応した機種で、ハードウェア的には最近のWindowsタブレットとさほど変わりません。この端末でWindows 8.1を動作させるには非公式に作成されたファームウェアを利用します。ファームウェアは中国のWEBサイトで配布されており、無料で利用できる模様です。最近では、AndroidでもIntelプロセッサを採用した機種が増えてきており、今回のTeclastタブレットのようなOSの入れ替えが非公式にですが楽しめるようになっていくと思います。Source : CNgadgetTeclast



(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenModで通知をポップアップ表示するAOSPの隠された通知機能「Head Up」が利用可能に
Samsung、米国で「Gear Store」を商標出願、ウェアラブルデバイス専門店をオープン予定?
Snapdragon 805を搭載した「Galaxy S 5 Broadband LTE-A」のベンチマークスコアが判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。