ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏服が買えない!?シンガポールに住むメリット VS デメリット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちわ。シンガポールに住んでかれこれ2年になる松下です。マリーナベイサンズなど、観光地として最近日本でも人気のシンガポールですが、住んでみないと分からない印象も多々あります。

今日は在住者だから感じる「シンガポールに住むメリットとデメリット」をご紹介します。

●シンガポールに住むメリット
・冬服がいらない
当然ですが。でも春物はいります。建物のなかはすごく寒いので。

・静電気に悩まされない
湿度が高いのでね。

・安く海外旅行に行ける
最も近い外国まではタクシーで30分。LCCも近隣の色んな国へ出ているし、東南アジアはどの国も物価が安いです。なので「ちょっと箱根へ」感覚で「ちょっと海外旅行へ」いけちゃう。

・タクシーが安い
日本が高すぎるだけかもしれませんが。

・蚊があまりいない
国をあげて殺虫しているので、日本の夏よりずっと少ないです。

・本物の多民族文化が体験できる
シンガポールはニューヨークを超える人種のるつぼ。もはやどんな肌の色のどんな服を着た人が隣にきても驚きません。

・スーツ文化がない
暑いのでね。欧米から来ているビジネスマンもジャケットは着てません。日本の一部のサラリーマンのみです。

●シンガポールに住むデメリット
・夏服が買えない
4月から9月ぐらいまでは買えます。でもそれ以降は日本と同じく秋冬ものしか手に入らない。気温30度でも12月の服屋さんはダウンとセーターばかりです。

・国際郵便小包が紛失する
シンガポールの「日本郵政」ことSingpostは、他国から来る国際郵便や小包を行方不明にする天才なんです。届くまでハラハラしどおしです。

・おにぎりが入手しづらい
街中に日本食が溢れ、大きな日系スーパーが3つもありますが、おにぎりだけは売ってません。あってもすごく高いです。

・ゴキブリが多い
国中殺虫していても、こいつらだけは避けられません。

・シミ・そばかすが増える
紫外線は日本の6倍。シンガポール在住奥様は皆悩んでいます。

・髪が抜ける
強い紫外線と水道水のせいで、抜け毛の量が一気に増えます。

・貯金がたまらない
家賃は東京の倍、車の価格は3倍。アトラクション施設はすべて高いし、日本食材も何でも手に入るとはいえすごく高い。旅行もちょくちょく行けてしまうので、貯金を切り崩して生活する勢いです。

・マラリア&デング熱など、蚊にさされると死の病になる可能性も
実際毎年けっこうな数の患者が出ます。

こうしてみると、日本は恵まれた国ですね。シンガポールは日本人にとってかなり暮らしやすい外国のひとつですが、でもシミ・そばかすが増えて薄毛になるのは、女性にとってはかなり痛いかも。

こちらにこられる方は、紫外線対策をお忘れなく。あと蚊にさされないよう注意も必要です!

(松下祥子@猫手舎)

GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP