ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もしライバル会社のエロい女管理職が色仕掛けで迫ってきたら社畜はどう対処すべき?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ボーナス時期に一番観たい映画『300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』が、社畜が見るべき戦意高揚映画という事実が、先日のAOL主宰による社畜ナイトで判明したが、実は一点、勇猛果敢なハードワークサラリーマンたちにとっても困る局面が登場した。それがエヴァ・グリーン演じる、ペルシャ女戦士アルテミシアが繰り出す負けそうな誘惑だ! これを現代で語ると、もしもライバル会社の女部課長クラスが色仕掛けで自分の会社を取り込まんとしたら、優秀な社畜諸君はどうするか!? ということ。このけしからん女上司の態度と作戦について、日本三大社畜として名高いビューティフル・社畜・ライフ・コンサルタントの中川淳一郎氏、博報堂ケトルのハイパー社畜メディアクリエーターの原カントくん、TBSラジオスーパー社畜プロデューサー・橋本吉史氏の3人が、”リアルな例”としてイベント終了後にディスカッションを重ねた。

ここで、女優エヴァ・グリーンについて簡単に説明しよう。彼女はデビュー作『ドリーマーズ』(03)であっぱれな裸体を披露したフランス女優で、その3年後には早くも『007/カジノ・ロワイヤル』でボンドガール役をゲット!あのジェームズ・ボンドを史上初の辞職に追い込み、そのけしからん女の武器を駆使して男どもを次々とノックアウト。最近じゃ待望の『シン・シティ』の続編のポスターが”セクシーすぎる”として騒動になるなど、女のみちを全速力で走っている人気女優だ。その彼女が、女戦士アルテミシアとして、ギリシャ軍の上長テミストクレスを誘惑!骨抜きにしちまおうって話になっているわけ。

このエヴァ嬢の写真を見て開口一番、「いやあ、憧れますよねえ」と橋本氏。色仕掛けで迫る女取引先は歓迎だが、「ただし、相手がエヴァ・グリーン級であれば(笑)」と現実にはコトに発展する可能性は低いことを示唆。とはいえ、「セックスで生気を吸い取る女性はいるはずですよね」と原氏が希望を込めると、中川氏も「あり得ない展開ではない!」と語気を荒げた。「この場合、背徳感が薄いですよね。そもそも敵同士なので、お互い上司に絶対バレてはいけないこと。だから、お互いに黙る。案外、上手くいくかもしれない」。橋本氏いわく、「会社と会社同士が不倫するような話」なので、意外にアリ! という結論に。

それどころか、「これは案外、いいのでは?」と企業間不倫コラボによるシナジー効果にも中川氏は期待する。「たとえば次のスクープは何? みたいな情報の風通しがよさそうじゃないですか。それに、テミストクレスは仕事への忠誠心があるから誘いに乗ろうとしたわけで、仕事に律儀な印象を受けました。社畜の鏡でしょう!」と絶賛する。そしてテミストクレスは、ある意味”理想の上司”でもあると中川氏は指摘する。「彼は危険な場所に行くと部下に示しておいて、自分だけ結果的にいい思いをしているという。こういう上司いるでしょう(笑)。これは、我々が目指したい、なってみたい社畜の姿でもあるわけです!」。

映画『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』の社畜性、そして、たったワンシーンだけをピックして、世の普遍性まで導き出した3人。ハードワークサラリーマンたちよ、激務だろうが、この映画のこのシーンだけでも観て明日から外回りへ励んでみないか!

映画『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』は、2014年6月20日(金)より、丸の内ルーブルほか全国ロードショー 3D/2D/IMAX3D同時公開

【参照リンク】
・『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/300movie2/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP