ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ブラジルに住むなら賃貸でいくら? 住宅事情を聞いてみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ブラジルに住むにはどうすればいいの? 住宅事情を聞いてみた

サッカーの聖地・ブラジル。サッカー留学なども耳にすることがあるが、住むならどんなところがいくらくらい? いまいちイメージのつかないブラジルの住宅事情……。

そこで今回は、ブラジルの住宅事情について『スターツブラジル』に話を伺った。ブラジルの住まいは分譲、賃貸のどちらが多いのだろう?

「サンパウロでも諸外国の住宅事情と似ていて、賃貸専門の住宅はほとんどありません。賃貸アパートの多くは分譲リースです。特に日本人駐在員の借りているアパートは、“クラッチ”と呼ばれるサービスアパートメント(長期滞在ホテル)、もしくは分譲住宅のリースですね」なるほど、ではまずブラジル人の一般的な住まいは?

「サンパウロを例にお話ししますと、中間所得者層のファミリーの場合は郊外の新築で1000万~3000万円のアパート、3寝室、100平米くらいになります。富裕層では、郊外に本宅1000平米以上の住宅でも珍しくありません。さらにサンパウロの中心部に生活用のアパートをいくつかお持ちです。それぞれヘリポート付きで、400~800平米、数億円~数十億円になります」富裕層の住宅は、なんと1000平米以上! つぎにブラジルへ赴任している駐在員の住宅はどうなのだろう。

「日本人駐在員が住んでいるのは、Jardim Paulista,Paraisoエリアの、RC造のアパートがほとんどです。このエリアは、サンパウロでも最も危険度が少ないのです。ブラジル全体の殺人事件数は日本の40倍に上りますので、日本人が住まう住宅には必ず鉄柵が張り巡らされています。入口は2重の門があり、入退チェックが無いと中に入れません。家賃や広さには幅がありますが、単身で1~2寝室、40~90平米、家賃は15万円~50万円。ご家族では2~4寝室、60~200平米、家賃は25万円~75万円くらいです」最後に、日本にはないブラジル特有のインテリアや設備を聞いてみた。

「使用人部屋や、各居室にバスルームがついていることも多いですね。ジムやプール、遊び場、バーベキュースペース、プールなどがついているアパートもあります」ブラジルに住む上での大切なことを聞いてみると、「期日が守られにくいがイライラしないこと、周りを当てにし過ぎず自分自身で生活を守ること、一番は治安対策」とのこと。一見贅沢な暮らしのようだが、治安や習慣の違いを超えてブラジルで生活するためには、安心して住める住宅は必要最低限の投資なのかもしれない。

●取材協力:
スターツ ブラジル リアルエステート
スターツコーポレーション株式会社 国際事業部
HP:http://www.starts.co.jp/kaigai/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/06/20/64370/

【住まいに関する関連記事】

アベノミクス効果で給料アップに期待。住まいの購入金額に変化は?
ハワイ好きは必見!? 最近注目の「ホテルコンド」のシステムとは
準備のほうが大変!? コレだけはやっておきたい海外移住のいろは
パナソニックが実施する「すむすむ・住まいづくり川柳」が面白い
住宅に対する新たな価値 スモールハウスが生活にもたらすものとは?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。