ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大石静「旅先で好きな男なら許せても同性だと気になる」こと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1964年公開の映画『月曜日のユカ』出演時の加賀まりこ(当時20才!)が表紙を飾る新雑誌『octo∞』(オクトアクティブエイジング)。50代以上の女性をターゲットにしたこの雑誌では、「あなたに旅友はいますか?」と題して、50代女性のリアルな旅事情に迫っている。

  同特集では、NHKの朝ドラ『ふたりっ子』(1996年)や、大河ドラマ『功名が辻』(2006年)、鈴木京香主演で話題を呼んだ『セカンドバージン』(2010年)などを手がけた脚本家・大石静さんが、自身の旅に関する思い出や考え方を語っている。仕事でも旅をする機会があるという大石さんは、どんな旅が印象に残っているのだろうか?

  * * *

 仕事の旅で印象に残っているのはハンガリーです。雑誌の取材でしたが、ブダペストもすばらしかったし、世界有数の甘口ワインの産地トカイもすばらしかった。トカイは神様に選ばれた土地といった感じで、樽を作る老職人など、年齢を重ねた人たちがすごく尊敬されている。古い街並みが残っていたのも、素敵でした。

  編集者やカメラマン、通訳など同行者と波長が合い、いいチームだったことも、旅の思い出をよくしているのでしょう。とくに海外の場合、一緒にいる時間が長くなるので、どんな人と旅をするかで旅の印象が大きく変わります。

  これは友人とのプライベートな旅も同じです。部屋をシェアするとなると、バスルームの使い方や寝る時間など、些細なことが苛立ちの原因になりかねない。なんで洗面台の周りを拭かないのか、バスタブに髪の毛が残ったままだとか──同じことを好きな男がやったら、「しょうがない」と許せても、同性の友人だと、気になってしまう。

  その揚げ句、こんな人だったのかとがっかりしたり、旅の途中で気まずくなったりしたら、元も子もありません。若い時なら気にならなかったことも、大人になると気になってしまうことってあるでしょう? 友人と長時間の旅に出るのは、すごく危険が伴うことなんですよね。

  もしプライベートで誰かと一緒に旅をするとしたら、カレシがいいですね。女としてもう一花咲かせて、好きな人と何か新しいものを見たりできたら…。私には夫がいるので最近のテーマは、「早く未亡人になりたい」です(笑い)。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「これ誰?」と話題の雑誌表紙美女の正体はあの大女優だった
安倍昭恵「批判はしょうがない。それでも理想は捨てない」
売れ残りの宝くじ 当せんくじあったらその行く末どうなる?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP