ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Note 4の「SM-N910S」はSnapdragon 805、「SM-N910C」はExynos 5433を搭載、両端末のベンチマークスコアも判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android端末のベンチマークアプリ Antutuの公式サイトで、「Galaxy Note 4」とみられる「SM-N910S」と「SM-N910C」を名乗るハイエンドモデルのシステム情報とベンチマークスコアが公開されました。Galaxy Note 4は、今年9月のIFA 2014イベントで発表される見込みの新型Galaxy Noteスマートフォンで、これまでのところ、5.7インチ2Kディスプレイを搭載していることが判明しており、ネット上ではフラットパネルとカーブパネルで作成された2種類、SnapdragonプロセッサとExynosプロセッサを搭載した2種類、合計4種類が存在すると噂されています。今回の情報によると、SM-N910SはSnapdragon 805 APQ8084 2.5GHzを搭載しており、SM-N910CはExynos 5433(Cortex-A57×4+Cortex-A53 big.LITTLE)を搭載しています。Snapdragon 805は発表されていますが、Exynos 5433は未発表のプロセッサ型番です。プロセッサ以外のスペックは共通しています。OSはAndroid 4.4.3(KitKat MR2)、ディスプレイ解像度は2,560×1,440ピクセル、メモリは3GB RAM / 32GB ROM、カメラは背面に1,600万画素と前面に368万画素を搭載しています。スペック的にはGalaxy S 5より上のようです。注目なのは、やはり性能ではないでしょうか。現時点でのAntutuスコアは、Snapdragon 805版が35,645点、Exynos 5433版が40,303点だったようです。Snapdragon 805版はSnapdragon 801搭載スマートフォンとさほど変わらないようですが、Exynos 5433版はTegra K1端末には及ばないものの、既存の機種と比較すれば飛び抜けています。両端末のトータルスコアの大きな開きは、CPUスコアと3Dスコアの違いが大きく影響したようです。Source : Antutu



(juggly.cn)記事関連リンク
Androidタブレットとして発売された中華タブレットをWindowsタブレット化するハック方法が中国で公開される
Galaxy Ntoe 4のNTTドコモモデルは「SM-N910D」、KDDIモデルは「SM-N910J」、22機種の型番一覧表が流出
Xtended NavBar : 操作ボタンしか表示されないAndroidのナビゲーションバーに音楽コントローラーや設定変更スイッチなどを追加できるXposedモジュール

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP