ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レイクがフル・バンド編成で来日ツアー開催、京都はTurntable Filmsと2マン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

USインディの名門レーベル〈K〉所属のレイクがフル・バンド編成として初の来日ツアーを開催。松本、京都、金沢、名古屋、東京と5都市での公演を予定している。

レイクは、人気アニメ「Adventure Time」の主題歌を担当するなどソロとしても活動するアシュレー・エリクソンはじめ、3人のシンガー・ソングライターを擁するマルチ・プレイヤー集団。オーケストラル・ポップ、ソフト・ロック、80’s UKポップ、AORなどの要素を溶け合わせたメロウ&スウィートなサウンドが魅力で、日本のミュージシャンからの人気も高いバンドだ。2012年に来日を果たしているが、バンドの核であるイーライ・ムーア&アシュレーによるデュオとしての公演であったため、フル・バンド編成での来日は今回が初となる。

ツアーの京都公演ではTurntable Filmsとの共同企画による2マン、名古屋公演は、レイクファンを公言するユミコを中心にトクマルシューゴバンドの面々で結成されたヤンカノイのレコ発となる。東京公演は前回来日時、レイクのバックバンドをつとめた4 bonjour’s partiesが出演するなど、各地でさまざまなバンドと共演を予定している。松本、京都、金沢の3公演はお得な学生割引も用意されているので、ぜひこの機会に足を運んでみてほしい。(鶯巣大介)

レイク、KEXPでの最新スタジオ・ライヴ4曲

https://www.youtube.com/watch?v=N7lovqkYv-Y&featur

・ツアー詳細
http://www.7ep.net/labelinfo/lake-japan-tour-2014/

・レイクの作品はOTOTOYでも配信中
http://ototoy.jp/them/index.php/ ARTIST/cd/33602

・〈LAKE (from K records/USA) Japan Tour 2014〉

2014年9月10日(水)松本 Give me little more
出演 : LAKE (from K records/USA) and more
OPEN / START : 19:00 / 19:30
料金 : (一般) 前売 / 当日 3,000円 (ドリンク代別)
(学生) 2,000円 (ドリンク代別) ※学生証など証明となるものを持参ください
予約 / 問い合わせ : 会場(give.me.little.more@gmail.com)/7e.p. 6月20日(金)受付開始

2014年9月11日(木)京都 UrBANGUILD
出演 : LAKE (from K records/USA) / Turntable Films
OPEN / START : 19:00 / 20:00
料金 : (一般) 前売 3,200円 当日 3,700円 (ドリンク代別)
(学生) 2,500円 ※学生証など証明となるものを持参ください
予約 / 問合せ:会場/7e.p. 6月20日(金)受付開始

2014年9月12日(金)金沢 artgummi
出演 : LAKE (from K records/USA)、ASUNA、加藤りま
OPEN / START : 19:00 / 19:30
料金 : (一般) 前売 / 当日 3,000円 (ドリンク代別)
(学生 / アートグミ会員) 2,500円 (ドリンク代別) ※学生証など証明となるものを持参ください
予約 / 問合せ: windowofacloudyday@gmail.com/会場/7e.p. 6月20日(金)受付開始

2014年9月14日(日)名古屋 名古屋市内某所
出演 : LAKE (from K records/USA)、ヤンカノイ、小鳥美術館 -band set-
OPEN / START : 未定
料金 : 前売 2,800円 当日 3,300円
企画 : THISIS(NOT)MAGAZINE
予約/問合せ : tkbcdef@gmail.com

2014年9月15日(月・祝)渋谷 7th FLOOR
出演 : LAKE (from K records/USA)、4 bonjour’s parties
OPEN / START : 18:30 / 19:00
料金 : 前売 3,500円 当日 4,000円 (ドリンク代別)
チケット : 会場/7e.p. 6月20日(金)受付開始

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP