ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シミアン・モバイル・ディスコ、新作『ウァール』をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫
シミアン・モバイル・ディスコ、新作『ウァール』をリリース

アグレッシヴでダンサンブルなサウンドでロック・ファン、テクノ・ファンにも支持されているエレクトロ・デュオ、シミアン・モバイル・ディスコが2年振り4作目となるニュー・アルバム『ウァール』をリリースすることが決定した。

今年4月にモジュラー・シンセサイザー2つ、シーケンサー2つとミキサー1つだけを持ってなんと南カリフォルニアの砂漠へ繰り出し、3日間に亘りジャム・セッション、そしてリハーサルを野外でこなした2人。その最終日にはカリフォルニアのパイオニア・タウンにあるPappy & Harriet’sで新作のお披露目ライヴを敢行。

今作は砂漠でのセッションとライヴに加えロンドンのスタジオ・リハーサル音源をミックスし完成されたもの。制作にあたり自らに挑戦したいという一心からコンピューターを完全に取り除き、ハードウェアのシーケンサーという古風な作法を選びとったことで、技術面での制約を受けたものの音楽面での可能性が一層広がった作品となっている。このアルバムについてジャス・ショウは「通常はコンピューターでトラックを仕上げて、それをどうライヴで再現するかっていうのを試行錯誤すると思うんだけど、僕たちは今回、一つのパフォーマンスだけに集中して、視界を狭めたくなかったんだ。だからアルバムのミキシングに取り掛かった時、3つのセッションからの音源を抽出した ― 最終日に行ったライヴ、砂漠で録ったジャム・セッション、そしてロンドンのスタジオ・リハーサル音源も少しだけ使ったよ」と語っている。

その制作過程は、現在公開されているアルバムのトレイラー映像で実際に目にしてみてほしい。シミアン・モバイル・ディスコは今週末開催の〈Hostess Club Weekender〉に出演することが決定しており、新作『ウァール』を一足早くライヴでお披露目すべく1台のシンセと1台のシーケンサーのみで行うという“シミアン・モバイル・ディスコ・パフォーミング・ウァール”なるスペシャルなヴァージョンが用意されている。いち早く彼らの新作を生で体感できるチャンス。キャット・パワー、クラウド・ナッシングスらと共にサイン会にも登場するので、是非お見逃しなく。(岡本貴之)

・シミアン・モバイル・ディスコの作品はOTOTOYから好評配信中!!
http://ototoy.jp/them/index.php/9117
・Hostess Club Weekender公式ページ
http://www.ynos.tv/hostessclub

『ウァール』トレイラー映像

http://youtu.be/2HLp58Qt3Xo

Simian Mobile Disco
『Whorl』
2014年8月27日(水)
流通品番: HSE-60188
レーベル:Hostess Entertainment
価格:2,371円+税
※日本先行発売、ボーナストラック、ライナーノーツ付予定(CD)
〈収録曲〉
1. Redshift
2. DandeLion Sphres
3. Sun Dogs
4. Hypnick Jerk
5. Dervish
6. Z Space
7. Nazard
8. Calyx
9. Jam Side Up
10. Tangents
11. Iron Henge
12. Casiopeia
※CDは日本盤ボーナストラック収録予定

〈Hostess Club Weekender〉
2014年6月21日(土) OPEN12:45 START13:45
2014年6月22日(日) OPEN13:00 START14:00
新木場スタジオコースト
6月21日(土): Blonde Redhead / Simian Mobile Disco performing WHORL / Perfume Genius / SOHN / Highasakite
6月22日(日): Cat Power / Cloud Nothings / Joan as Police Woman / The Bohicas and more
チケット:
1日券 7,900円(税込/1ドリンク別)
2日通し券 13,900円(税込/各日1ドリンク別)

シミアン・モバイル・ディスコ、新作『ウァール』をリリース

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。