ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子供の靴ひもを直すW杯戦士が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本時間6月14日に行われたFIFAワールドカップ・ブラジル大会のチリ対オーストラリア戦の試合前、オーストラリア代表のMFマーク・ブレシアーノ選手がとった行動が話題になっている。

【画像や図表を見る】

サッカーの代表戦やプロリーグの試合では、両チームの選手が小さい子供たちとそれぞれ手をつなぎながらスタジアムに入場することになっており、その際の子供との交流の様子から選手の人間性が垣間見えることがあるが、ブレシアーノ選手はこの日、松葉杖をついている子供と一緒に入場した。

サッカー選手にとって間違いなく最高峰の栄誉ある舞台であるワールドカップ。その試合直前ともなれば、一般人には理解しがたいほど選手たちの気持ちが張りつめていることがうかがえるが、そんな状況でブレシアーノ選手は、その子供のゆるんだ靴ひもをかがんで結び直してあげたのである。

この模様が複数のツイッターアカウントによって画像とともに投稿されると、ツイッター上にはブレシアーノ選手への絶賛の声が続々登場。

「ブレシアーノ素晴らしいの一言!」
「めっちゃ優しいじゃん」
「こんな人と結婚したい」
「この場面でできるのがスゴい」
「こーゆー選手がこの子の憧れになるんやろーな」
「これだからサッカーもサッカー選手もカッコイイのね。本当に尊敬」
(すべて原文ママ)

といったツイートが見られた。

なお日本国内では、ワールドカップ前の親善試合の際、香川真司選手が試合前に一緒に入場する子供に笑顔を見せた後すぐに真剣な顔つきになるという、動画サイト「Vine」の6秒ループ動画も人気になっている。

ワールドカップは、試合以外にも見所が満載だといえそうだ。
(R25編集部)

子供の靴ひもを直すW杯戦士が話題はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
W杯で注目!イケメン選手ベスト4
途中出場ドログバに「ラスボス」説
W杯「低身長チーム」の方が強い?
W杯お騒がせ?「悪童」ワースト5
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP