ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サッカーW杯、ギリシャ戦引き分けで「遅刻する奴多すぎ」「仕事やる気でない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サッカーW杯の日本対ギリシャ戦が、6月20日の朝に行われた。日本時間の朝7時にキックオフ。前半途中でギリシャ選手が1人退場し、数的優位に立った日本代表だったが、ギリシャの堅い守りを崩すことができず0―0でドローという結果に終わった。

試合が終わったのは、8時50分過ぎ。9時始業の会社では確実に間に合わない時間帯だが、リアルタイムで試合を観るために遅刻した人も少なくないようだ。

自分以外は定時出社で「気まずい」という人も
都営地下鉄のある駅では、普段は人気の少ない午前9時ころから、慌てて改札に駆け込む人たちの姿が見られたという。試合を最後まで応援していて、家を出る時間をギリギリまで遅らせたのかもしれない。ツイッターの投稿にも、そんな様子が垣間見られる。

「今日はTVの前で応援してから出勤したら遅刻しそうでした」
「何と無く電車が空いているのはサッカーの影響かな?」
「サッカー応援して遅刻は今日許されても良いべ」

他の社員も同じように応援していると思って遅刻したら、自分と課長以外は通常出社していて「気まずい」という書き込みもある。一方、自分は定時出社したのに、他の社員は誰も会社に来ないという報告も多数あった。

「なにみんな何??サッカー遅刻?ww」
「今日の午前中遅刻する奴多すぎて仕事になんないすわ。俺も遅刻すればよかった」

自宅で観戦すると定時に間に合わないので、早朝出社し「会社のテレビで試合を見た」という人もいる。普段は遅刻ギリギリで出社している人が、観戦のために珍しく早く会社に来ていたというものや、会社で「上司と一緒にサッカーを観た」という報告もあった。

「上司と全く連絡取れねぇ」と嘆く部下
引き分けにより勝ち点1はつくが、自力での決勝トーナメント進出は消滅した。25日(水)朝5時キックオフのコロンビア戦に勝利しなければ、グループリーグ敗退となる。気合を入れて応援していた人の中には、この結果にすっかり落胆し、仕事をする気が失せてしまったと漏らす人もいる。

「サッカー勝てなかったし、仕事やる気にならない」
「上司と全く連絡取れねぇ。あいつマジでサッカー引き分けてやる気出ないから帰りやがったな」

もちろん、サッカー好きの上司がやる気を失ったお陰で「今日は仕事が楽」という投稿もある。やる気が出ないと言ったところ、上司に「それってサッカー日本代表のメンタルそのままじゃん」と言われたという話も紹介されていた。

早朝に出勤し会社のテレビで観戦したという30代のプログラマーも、キャリコネ編集部の取材に対し「せっかく応援していたのに、これじゃあ仕事もやる気がでないですね。半休をとって、午後に帰っちゃおうと思いましたよ」と嘆く。

日本代表のユニフォームを来た背中が、どこか物悲しい。ただし、勝ったら「午後から飲みに行こうと思っていた」というから、どちらにしろ同じようなものか。

あまりに気合を入れすぎると、思ったような結果が出なかったとき、脱力感が大きくなってしまう。「絶対に負けられない戦い」などと力まず、少なくとも応援する側はリラックス気味に臨んだ方がよさそうだ。

もっとも、サッカーに興味がない人もいる。JR秋葉原駅の周辺は、試合中でもいつも通りに人が行き交っていた。今日が日本代表戦だということを忘れていた、という人もおり、「通勤中に試合あること思い出した」「家にテレビないから分からないんだよな」というような書き込みも散見される。

あわせてよみたい:中高年がゆとりに嫉妬

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP