ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】悠木シュン 小説推理新人賞作品『スマドロ』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】悠木シュン(ゆうき・しゅん)/『スマドロ』/双葉社/1200円+税

 映画『カリオストロの城』さながらに、〈あなたの心〉までまんまと盗んでしまうと巷で評判の通称〈スマート泥棒〉、略してスマドロ。悠木シュン氏のデビュー作『スマドロ』は、第35回小説推理新人賞を受賞した第1章「スマートクロニクル」を、5人の女たちの独白による長編ミステリーに発展させた意欲作だ。

 とある住宅街の昼下がり、〈飲酒運転でひき逃げですか?〉〈あらあらあら〉〈それは大変〉と、あまり大変でもなさそうに33歳の主婦〈私〉が振り込め詐欺らしき電話を受けるシーンから物語は始まる。

 連日ワイドショーを賑わせる怪盗の噂や、姑に通帳も印鑑も管理されているという彼女の結婚生活、若き日の恋バナまで、延々続く主婦の無駄話が、実は驚くべき結末への伏線だったと気づくのはだいぶ先のこと。悠木氏も言う。〈話を聞いていただいている間に着々と事は進んでいたのです〉と。

〈饒舌体の扱いが極めてうまい〉と選評にもあるが、彼女たちは本当にあること、ないこと、よく喋る。そうした1人語りの特性を逆手に取り、夥(おびただ)しい数の固有名詞や時事ネタ、時にHな話やおバカな話も盛り込んで、この嘘とも真ともつかない怪盗譚を面白おかしく読ませる手腕に、思わず唸った。

「スマート○○って、最近多いですよね。ただスマホにしても使いにくい面も多いし、全然スマートじゃないものをなぜスマートと呼びたがるのかなって。試しに泥棒に付けたら語呂もいいし、案外みんな騙されちゃいそうな気がしたんです。

 例えば第1章の女は夫とうまくいっていない自分の人生を肯定したくて、あの時はこうだったと、記憶を上書きしたスマートな自分史を語っている気もする。人は一度話し出すと加速度がついて思ってもいないことを喋ったりするし、そういう心の隙間に付けこむのが振り込め詐欺や犯罪者、または聞き上手なモテ男なのかもしれません(笑い)」

 毎日午後2時に家をチェックにやってくる姑〈春恵さん〉を待つ間、私は自分が子供の頃からいかにモテ、なぜ今の夫と結婚したかを、見ず知らずの電話の相手に滔々と語り、ある悩みを打ち明けた。8年前、双子の娘を出産した彼女に、春恵さんは長男夫婦の代理母になることを要求したのだ。

 あろうことか夫はこれを承諾し、体外受精の屈辱に苛立つ義兄は彼女に直接関係を迫った。そうした身の上話の端々に混じるのが、例のスマドロの噂である。

 白昼堂々住宅街に出没し、〈蝶の標本とか、キン消し百個とか〉、金品以外も華麗に盗むという犯人に関しては単独犯から集団説、いや大層な美形だとの説もある。そして〈子供たちを学校に送り出したあと、コーヒー片手に『MOCO’Sキッチン』またぎの『スッキリ!!』を見るのが朝の楽しみ〉という彼女の元に、やがて彼らが姿を現わすのである。

 さて本書で特筆すべきが各章末の人物相関図。第1章では計8名だった相関図が、第2章では近所に住むエステ経営者の私ら13名、最終章では17名と章を追う毎に増殖し、各々の関係性や正体もびっしり書き込まれる斬新な趣向だ。

「第2章の私は第1章の私のママ友で、第3章は29歳で売れないアイドルを続けるその妹、第4章はその顔見知りの女スリと、5人の女が各々の視点でスマドロを語りますが、人数は増えてるようで増えてないんです。例えば第1章の女の初恋の陰で別の誰かが酷い目に遭っていたり、ある人には見えることが、ある人には見えていないだけです」

 興味の対象は今、もしくは自分の経験した過去だと、アムラー世代の彼女は言う。〈辞書は開く物ではなくルーズソックスの中に入れて振り回す物〉等々、自身の流行遍歴を映した小ネタで読者の心をつかんだかと思うと、一見陳腐で猥雑な現象にドキッとするような洞察力が隣り合う。迷えるアイドルのブログにあるファンが寄せた助言は、果たして励ましか、皮肉か。

〈人って真実よりも、作り上げられたものに美しさを感じると思います。虚像、想像、幻像の三点セットです!〉〈世間が求めているものは何なのか〉〈自ずと答えは出てくるはずです〉

「実はこれ、『嘘・大げさ・紛らわしい』っていうJARO(日本広告審査機構)のCMからヒントを得たんですけど、この3点セットが世の中を動かしているのは確かだし、最近は情報が多すぎて逆に本当のことがわからなくなっている気がする。人間が嘘や幻に惹かれるからこそ作曲家のゴーストライターなどの事件も起き、周りが勝手に虚像を作っていく怖さが現代にはあると思います」

 事件を日替わりで消費し、スマドロすらいつ〈懐かしい〉と言われてもおかしくない時代に悠木氏は一連の騒動を置く。そもそ5人の誰1人としてスマドロの正体を断言した者はなく、そうした危うさの陰で取りこぼされた“本当のこと”を、見事女たちのお喋りのうちに隠しきった筆力には空恐ろしさを禁じえない。

「私自身はお喋りというか、結構背筋が凍るような毒舌を平気で吐くらしいです。昔は自分をナンパした相手に『あなた、イケてないですよ』と世直し的に言ったりして、いつ刺されるか冷や冷やしたってよく友達にも心配されました(笑い)。でも私は“空気は読めるけど、あえて読まないKY”がカッコいいと思っているし、そういう性格が作品にも出ちゃうのかもしれません」

 つくづく今後が楽しみな、クールで美しい新星の誕生である。

【著者プロフィール】悠木シュン(ゆうき・しゅん):1980年生まれ。広告代理店、デザイン事務所、印刷会社勤務を経て、2013年「スマートクロニクル」で第35回小説推理新人賞を受賞。162cm、AB型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2014年6月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「私は白金の高級マンション住まいです」女 実は……
スマートフォンに変えたい理由「仕事がデキそうに見える」
300人調査でわかった 若者はやっぱりスマートフォン好き

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP