ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブルドックソース 濁音が続く語感を避けるため「ドック」に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 会社ロゴマークは企業と消費者をつなぐ接点であり、事業哲学と経営戦略が込められた看板だ。どのマークにも、経営者たちの熱い思いや知られざる物語が存在する。

 1902年に食料品卸商三澤屋商店として創業し、ソースの製造販売を手がけたが、当時はブルドッグ印ではなかった。大正期に入り、ソース発祥の地であるイギリスではブルドッグがシンボル犬として愛され、また大正末期には日本でもブルドッグがペットとして人気を集めていた。
 
 そこで、創業者・小島仲三郎がブルドッグ同様に人々に広く愛されるソースになるようにと、商品名に「ブルドック」を採用した。ちなみに、ブルドッグではなく「ブルドック」としたのは、濁音が続く語感を避けるためだという。

※週刊ポスト2014年6月27日



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
イカリソース ロゴは創業者の「錨綱で九死に一生体験」から
K-POPに“チワワ系”登場 5人組アイドルメジャーデビュー
ナゴヤドームのインパクト大な48cmのホットドッグは980円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP