ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ソルデジ】既存のイヤホンやヘッドホンをBluetooth接続でワイヤレスにできる優れもの! そんな各種製品を紹介

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


スマートフォンやポータブルオーディオで音楽を聴いている人も多いと思うが、最近はBluetooth接続でコードがないイヤホンを耳にかけている人も目にする。あれって耳元で操作できるし意外と便利そう。しかし今持っているイヤホンやヘッドホンがお気に入りでどうしても手放せないという人もいるはず。筆者がその内の1人なのだが、イヤホンに何万円もかけてしまっていたので、こういうときに困ってしまう。

そんな方のために既存のイヤホンやヘッドホンをBluetooth接続できるオーディオレシーバを紹介。今回紹介するのは、エレコムの2機種である。

シンプルなインタフェースの『LBT-AR120』

最初に紹介するのはエレコムの『LBT-AR120』。シンプルなインタフェースで、操作パネルは本体前面に集約されている。ペアリングも電源ボタン長押しと実にシンプル。ペアリングボタンを押しっぱなしにするとデバイス側(スマートフォンや音楽プレーヤー)に「LBT-AR120」と表示されるので「ペアリング」を選択するだけ。パスワードは求められないので大丈夫。

操作はスティックの押し込みで再生、停止、右で進む、左でバック、上下でボリューム調整と実にシンプルかつ分かりやすい。オーディオレシーバーなら当然付いているクリップも存在。服やポケットにはさみ、デバイスは鞄の中というのが一番理想な形。

こちら『LBT-AR120』は色がブラック、ブルー、シアン、ピンク、レッド、ホワイトと6色販売されており、値段は2000円前後。

操作感がかなり良い『LBT-PAR500AV』

上記の『LBT-AR120』と同じエレコムの『LBT-PAR500AV』を紹介。こちらは丸い操作部分があり、このジョグでボリューム調節を行う。また本体側面に操作ボタンが集約されており、再生、フォワード、バック、そして電源はスイッチになっている。また『LBT-AR120』にはなかったHOLDスイッチも付いており誤動作防止となる。

こちらの機種はNFCに対応しており、スマートフォンにタッチするだけで接続が可能。もちろんNFC未対応端末は既存のペアリング方法も可能である。

連続再生18時間というバッテリー持続時間もありがたい。充電はUSBにて行える。

こちら『LBT-PAR500AV』は色がブルー、レッド、ブラックの3色でイヤホンは付属しないモデル。付属するモデル『LBT-PHP500AVBK』も発売されている。

値段は『LBT-PAR500AV』が5000円前後、『LBT-PHP500AVBK』が8000円前後となっている。


LBT-PAR500AV
http://www2.elecom.co.jp/avd/cellphone/headphone/lbt-par500av/
AR120[リンク]
http://www.logitec.co.jp/press/2011/0407_03.html

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP