ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

6年後、大人になったラボメンに再び…!「STEINS;GATE」新作小説発売!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『STEINS;GATE ―The Committee of Antimatter―』/(C)2009-2014 MAGES./5pb./Nitroplus/RED FLAGSHIP
ゲームやTVアニメなど、大ヒットを飛ばしている科学アドベンチャーシリーズ「STEINS;GATE」から、8月29日(金)に、これまでの世界観を受け継いだ続編となるオリジナル小説『STEINS;GATE ―The Committee of Antimatter―』が発売されることがわかった。

本作では「STEINS;GATE」の舞台から6年が過ぎた秋葉原を舞台に、お馴染みのラボメンたちがとある出来事に直面する姿が描かれる。

著者は同シリーズの小説『円環連鎖のウロボロス』を手がけた海羽超史郎さん、イラストは同シリーズのコミック『恩讐のブラウニアンモーション』の第2巻を描いた吉田糺さんが担当している。

天王寺綯からとある相談を…

「STEINS;GATE」は、過去にメールを送ることができる装置を発明したことをきっかけに、主人公や周りの人物達が世界的な陰謀に巻き込まれていくSF要素を多く含んだ作品。

2009年にXbox 360用のゲームソフトとして発売されて以来、TVアニメ、劇場版アニメ、マンガ、小説、舞台と様々なメディアミックス展開がされてきた。

今回発売される『STEINS;GATE ―The Committee of Antimatter―』では、大学を卒業した岡部倫太郎と橋田至が、過去に因縁のある天王寺綯からとある相談を受けたことから、ある事態に巻き込まれていく。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP