ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

血しぶきジャブジャブ!『300 ~帝国の進撃~』本編冒頭の壮絶すぎるバトルシーンが解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ついに本日20日から公開となる『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』!前作を上回る血しぶき&肉弾戦に期待と話題が殺到しているが、冒頭からスゴすぎる壮絶バトルシーンが解禁された!!

今回解禁となったのは、本編開始3分後に描かれる壮大なバトルシーン。戦争映画の常識を覆す、ストップモーションを駆使したスタイリッシュな映像とともに、筋肉ソルジャーたちの、前作から更にスケールアップした迫力の戦闘シーンとなっているのが分かるはずだ。

【動画】http://youtu.be/UGxj2-DSWdg

前作で死闘を繰り広げた最強国家スパルタのわずか300人の勇敢な兵士たち。彼らはペルシア帝国100万の大軍を相手にひるむことなく命を賭け散った。続編では、その”誇り高き魂”を継いだ屈強のギリシア戦士たちが立ちあがる姿を描いているが、”300″作品に出演するからには”300″の掟を受け入れてもらわないといけない。屈強な戦士たちを演じたキャストたちには最高のコンディションで撮影にのぞむことが求められ、専門トレーナーたちが、食事制限と運動で戦闘シーンに向けたキャストの体づくりをサポート。数カ月間に渡りその肉体を極限まで鍛えあげたという。

主人公の勇者テミストクレスを演じたサリバン・ステイプルトンは、「戦闘シーンは楽しかったし、剣さばきの練習はとても面白かった。毎日1時間半ぐらい練習したけど、新しい技を学べて、しかもお金をもらえるんだから(笑)。でもワークアウトはまったく別。この役のためにやらなければならなかったレベルは大変だった」と、まさにスパルタ式のトレーニングを振り返る。解禁された映像で描かれるのは、戦争の引き金となった「マラトンの戦い」。CGで加工したかのような究極の肉体を駆使して繰り広げられる壮絶バトルは圧巻だ。

キャストは前作でおなじみの面々に加え、前述のステイプルトンの他、今やフェロモン女優のトップと言っても過言ではない仏女優エヴァ・グリーンが非情最強な女戦士アルテミシア役で参戦。

とにかくすべてがスケールアップの『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』。シリーズ集大成がついに日本で幕を開ける!

『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』は6月20日(金)丸の内ルーブル他全国ロードショー<3D/2D/IMAX3D同時公開>

(C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC.

【参照リンク】
・『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/300movie2/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP