ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鉄旅の乗換で駅内食事を 福岡駅のラーメンや名古屋の手羽先

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「子供のころから、駅はオモシロくてワクワクするものだと思っていました」と話すのは“食べテツの女”として新聞連載を持つ荷宮和子(にみやかずこ)さん。

 神戸出身の荷宮さんの食べ鉄のルーツは、新神戸にある淡路屋という駅弁店だそう。

「紐を引っ張ると温まるお弁当を開発したり、2000円もするしゃぶしゃぶ弁当を販売したりと、40年前から面白い試みをしていました。新商品がローカルニュースで取り上げられるたび、駅弁に魅了されていったんです」(荷宮さん、以下「」内同じ)

 大人になって地方を訪れるようになると、駅そばにも注目するようになる。

「そばには土地の名産品とコラボしたメニューが必ずあります。駅そばがその土地を知るきっかけになるんです」

 駅は、土地の魅力をギュッと詰めこんだ広告塔。だから楽しくておいしいのだという。そして、乗り換えまで1~2時間なんてことは鉄道旅にはつきもの。そんなときに、ホームでボーッとしているなんて、食べ鉄失格!

「街を歩き回らなくても、駅の中や駅周辺にはその地でしか食べられないものをイートインできる店が必ずあります。たとえば名古屋駅には、ホーム内にきしめんを食べられる店がいくつもあって、おでんやその場で揚げたイカ天を提供しているところもあります」

 さらに、駅グルメは女性ひとり旅にも優しいそう。

「名古屋駅太閤通北改札口グルメ通りには、手羽先の唐揚げで有名な『世界の山ちゃん』の立ち飲み店があり、ひとりでも入りやすいですよ。福岡駅なら駅のなかにとんこつラーメン店があります」

 居酒屋やラーメン店ののれんをくぐるのは気が引ける女性でも、駅だったらハードルが低い。また、二度と降りないかもしれないマイナーな駅も必ずチェックすべきと荷宮さん。たとえば。

「三島駅構内箱根ベーカリーはB-1グルメの三島コロッケを挟んだサンドイッチがイートイン可ですよ」

※女性セブン2014年7月3日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
辛口グルメ評論家が出禁事件の実体験など業界の裏側描いた本
【お取り寄せグルメ】懐石料理のコースでも評判「生さば寿司」
『八重の桜』挽回へ綾瀬はるかが会津のグルメ食べよとの提言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP