ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PS4/PS Vitaでクロスプレイも可能! アクションシューティングゲーム『PixelJunk Shooter Ultimate』配信開始

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

キュー・ゲームスは英国の開発会社Double Elevenのアクションシューティングゲーム『PixelJunk Shooter Ultimate』をPlayStation4/Vita向けに2014年6月18日に配信を開始。価格は1850円(税別)で、定額サービス『PS Plus』加入者限定で一ヶ月の間はフリープレイタイトルとして遊ぶことができます。

『PixelJunk Shooter Ultimate』は、アクション要素と探索要素とパズル要素が融合した全方位型流体アクションシューティングゲーム。
開拓惑星から受信した「S.O.S!」を頼りに、地底探索艇を操作し、洞窟内に取り残された生存者を救出するのがミッションです。150を超えるエリアをプレイすることができ、その特徴を把握して岩や氷を掘り進み、水・マグマ・ガス・磁性流体・酸などの迫り来る脅威から遭難者たちを救い出します。

PlayStation3向けにキュー・ゲームスのオリジナルタイトルとして発表された『PixelJunk Shooter』『PixelJunk Shooter2』に続く今作では、「PixelJunk Shooter をより多くのユーザーに届けたい!」というDouble Elevenのリクエストによりリリースが実現。どこか懐かしいポップなグラフィックで、PS4/PS Vitaのパワーを活かしたリアルタイムのライティングシステムを採用し、よりダイナミックにリデザインされたのこと。

今作最大の特徴は、クロスプレイ・クロスセーブ・クロスバイに対応していることでしょう。
PS3での『PixelJunk Shooter』に引き続いて、PS4ではソロプレイだけでなく2P協力プレイが可能になっているほか、PS4/PS Vitaでのオンラインによるクロスプレイにより、シューティング対戦ゲームとはひと味違った攻守交代制のステルスバトルで、地形やギミックなどを利用した戦略をいかした駆け引きを楽しむこともできます。
また、PS4のデータをPS Vitaに持ち出してプレイすることができるクロスセーブもでき、PS4/PS Vitaのどちらかを購入することで別のデバイスでも遊ぶことができるようになっています。マルチデバイス時代に適応したSTGといえるのではないでしょうか。

既に、ゲームの模様は『YouTube』にアップされているトレーラーで観ることができるので、海外シューティングが好きという人はチェックしてみて下さい。

PixelJunk Shooter Ultimate – Launch Trailer – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=sHfYG1gs0dY

有限会社キュー・ゲームス
http://www.q-games.com/ [リンク]

Double Eleven Limited.
http://double11.co.uk/ [リンク]

新感覚の流体アクションシューティング『PixelJunk Shooter Ultimate』がPS Plusのフリープレイタイトルに! (プレコミュ)
http://commu.jp.playstation.com/blog/details/20140609_pixeljunk.html [リンク]


■関連記事(ゲームライフニュース)

ワラワラ感大幅アップ!! PS4版『無双OROCHI2 ultimate』発売決定
PS Vita『ソウル・サクリファイスデルタ』×『ワイルドアームズ』シリーズ 荒野と口笛のコラボレーション企画スタート!
お誕生日おめでトロ! 『どこでもいっしょ』 “トロ”のかわいすぎるバースデーイベント 銀座ソニービルにて開催
名作ゾンビゲームシリーズがお得なパックに 『デッドアイランド:ダブルゾンビパック』発売決定
参加者には2つの特典をプレゼント! PS Vita『せかい☆セイフク ~COSTUME FES.~』のβテスター募集中

カテゴリー : ゲーム タグ :
ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP