ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3000円で自宅にシェフを呼べる、リピート必至の「マイシェフ」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近では、友人や家族で集まってホームパーティーを開催することがすっかり定着した。費用を抑えられるし、なによりリラックスできることが人気な理由のようだ。しかし、主催者は悩みが多いのも事実。人数分の料理をつくるのは大変だからと、ついデリバリーを利用してしまいがちだが、それではちょっとありきたりかも?

そこで注目したいのが、自宅でプロのコース料理を楽しめる出張シェフサービスだ。今回は、女性向けにサービスを展開する「マイシェフ」にお話を伺った。2013年9月にスタートして以来、1人3000円~という価格でサービスを提供しているが、どういったシステムなのだろうか?

「マイシェフでは、お客様のニーズに合わせてコース料理の内容をご提案するという従来の形ではなく、登録シェフのプロフィールと料理を見てご注文いただくというシステムになっています。食材の調達から調理、配膳、後片付けまですべてシェフが行いますので、主催者の方も気兼ねなくパーティーを楽しんでいただけますよ」なるほど。メニューを決めるヒアリングのコストが掛からないため、至れり尽くせりなサービス内容でも価格が抑えられたというわけだ。気になる料理のジャンルについても聞いてみた。

「シェフは登録制なので、それぞれに得意とする分野があります。人気のあるイタリアンやフレンチを筆頭に、エスニックやニューアメリカンといった出張サービスには珍しいジャンルを得意とするシェフもいます。シェフの人数はまだ40名ほどですので、将来的にはもっと増やしていきたいですね」登録しているのはレストランのメインシェフや料理研究家など、確かな腕をもった料理人ばかりなのだそう。そんなプロがつくったコース料理なら、ゲストにも必ず喜んで貰えるはずだ。叶うなら普段から利用したいぐらいだが……、一般的にはどんなシーンでの利用が多いのだろうか。

「育児中のご夫婦の家族の集まりやママ友会などが7~8割くらいで、やはり小さなお子さんがいてなかなか外食ができない方々にご好評です。そのほかには、新居のお披露目会などでご利用いただくこともありますよ」注文はウェブサイトから。最寄駅とパーティーの開催日を入力すると、出張可能なシェフが一覧で表示される。通常は4~8名分での注文が原則だが、夫婦の記念日など、少人数での利用も相談に乗ってもらえるそう。ホームパーティーをひらく際には、ぜひ利用してみてほしい。

●取材協力:MyChef(マイシェフ)
http://mychef.jp
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/06/19/64061/

【住まいに関する関連記事】

「MOCO’S キッチン」で見た速水もこみちの“オリーブオイル愛”
“孫育て”に奮闘するイクジイたち。新たな時代の家族像が誕生!?
園山真希絵が塩谷瞬へ毎日届けたお弁当。防腐対策はされていたの?
逆さ箸は本当はダメ!意外と知らない、鍋パーティーの基本的マナー
ママの交流の場「ママ会」。自宅開催する際の心得ってなに?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP