ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パピレス、書籍の内容を分冊して章・記事ごとに販売するスタイルを採用した電子書籍サービス「パピレスプラス」を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電子書籍販売の老舗 パピレスは6月19日、1冊の電子書籍を章や記事単位で販売するAndroid対応の電子書籍サービス「パピレスプラス」を開始しました。電子書籍サービスといえば、1冊をまるごと販売する店舗が多いのですが、パピレスプラスでは、書籍内容を分冊し、章・記事ごとに販売するスタイルを採用しており、ユーザーが読みたい部分だけを購入できるほか、費用を安く済ませることも可能しています。サービスはWEBサイトのみで提供されており、Androidスマートフォンやタブレット、iPhone、iPad、iPod touch、PCのWEBブラウザから利用します。サービス開始時点の書籍ラインアップはビジネス書や実用書、雑学書を中心に10,000点以上。章や記事単位だけではなく、従来どおり1冊まるごと購入することもできます。一部を試し読みして購入するかを検討することもできそうです。価格は最安で1記事10円です。パピレスプラスでは章や記事を中心に、無料で読めるものも多くあるので、暇つぶしに何か読み物を探している時にも役立つサービスだと思います。サービスを利用するには会員登録が必要で、販売されているものは前払い式のポイントで購入します。Source : パピレスプラス



(juggly.cn)記事関連リンク
Garmin ConnectとMyFitnessPalがアカウント連携を実施、Garmin Connectのカロリー計算機能が強化
NTTドコモ、富士山山頂や山小屋でのLTEサービスを7月10日に提供開始
ASUS MeMO Pad 8(ME181C)が本日発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP