体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愛する人に東横インをプレゼントしよう(やっぱんつ.com)

■ハッピーバースデー

誕生日当日。

当時わたしが住んでいた西巣鴨から彼の自宅まで1時間くらいかかる。

電車が混雑しない始発電車に乗って持って行こうと思っていたのだが、なんと外を見ればドシャブリではないか!

愛する人に東横インをプレゼントしよう(やっぱんつ.com)

<いそいで余ったパネルとビニールで梱包する>
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/06/151.jpg

これだけのデカさだと抱える形になるため、傘も差せない。

ぐぬぬ、と意を決して電車で行くことを決意し、(タクシーだと万単位になりそうだったのであきらめた)ビッショ濡れになりながら家の中にこっそり置いてきた。

そして夜、仕事からまっすぐ家に帰ってきた彼は、ドアを開けるなり、過去みたことないくらいに大爆笑していた。

彼も40歳。いろんな恋愛遍歴があるだろうが、さすがに過去に東横インをプレゼントした女はいるまい。

愛する人に東横インをプレゼントしよう(やっぱんつ.com)

<部屋にかざってもらった。デカい。>
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/06/161.jpg

このできごとから1年くらいたって結婚したので、直接このプレゼントが結婚につながったかというとそうではない。

そうではないが、確実に今の夫の中では雷に打たれたように心が震えた誕生日だったに違いない。

サプライズプレゼントというのは、自分本位でも相手本位でもなく、お互い本位でやらねば意味がないのだ。

愛する人に東横インをプレゼントしよう(やっぱんつ.com)

<新居にもちゃんと持ってきた。いつか東横インに住みたい(気がしてくる)>
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2014/06/171.jpg

結婚して、一緒に暮らしていく中で、乗り越えなくてはならない苦難に立ち向かうときが、必ずやってくるだろう。

でも、わたしはそのとき、そのたびにこの東横インをみて、思いだしたい。

楽しければなんとかなるもんさ、と。

<余談>

引っ越しの見積のとき、営業の人が家に上がったのだけれど、「旦那さまは建築関係のお仕事を…?」と言っていた。

まあ、そう思うよな。

執筆:この記事はやっぱりぱんつさんのブログ『やっぱんつ.com』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年06月20日時点のものです。

前のページ 1 2 3 4
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。