ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SM-G510FがGFX Benchに登場、4.8インチqHDディスプレイ、Snapdragon 1.2GHzクアッドコアプロセッサなどを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungの新しいグローバルモデルとみられる「SM-G510F」がGFX Benchの公式サイトに登場しました。「SM-G510」は未発表の製品シリーズで、これまでにSM-G510FとSM-G510Hの2モデルが確認されています。末尾の“F”はLTE対応モデル、“H”は2G/3G対応モデルでしょう。今回の「SM-G510F」はLTE対応モデルになると思います。GFX Benchの公式サイトによると、この端末はAndroid 4.4.2(KitKat)、4.8インチ960×540ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 400 1.2GHzクアッドコアプロセッサ(Adreno 306 GPU)、0.9GB RAM、5GB ROM、背面に700万画素カメラ、前面に470万画素カメラを搭載しています。スペック的にはエントリー~ミッドレンジクラスといった感じです。低価格のLTEスマートフォンになると予想されます。Source : GFX Bench



(juggly.cn)記事関連リンク
Moto X+1の動画が流出
NTTドコモ、「dマガジン」のAndroidアプリをリリース
Sony Mobile、片耳用のモノラルワイヤレスヘッドセット「Mono Bluetooth Headset MBH20」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP