体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「関西、キてるなって感じてんねん」谷村じゅげむが語る関西音楽シーン

「関西、キてるなって感じてんねん」谷村じゅげむが語る関西音楽シーン

いよいよ今週末6月22日(日)に迫った、下北沢BASEMENT BARとTHREEの2会場で開催されるイベント〈関西ウルトラショック!!!!!!〉。

関西地下シーンのヤバいアーティストたちが一挙に東京に集結するイヴェントの開催を目前に、出演者で主催者でもあるワッツーシゾンビの谷村じゅげむが、関西音楽シーンの現状と、本イベント開催への想いを激白。

少しでも感じるものがあったのなら、会場に足を運んでみては?

■インタヴュー : 谷村じゅげむ

ーー今回の企画、なんでまた、いま、関西なんですか?

谷村じゅげむ(以下、じゅげむ) : ざっくり言うと、東京って言うたらオーバーグラウンドであり、メインストリーム。関西は常にそれに対抗するかたちで存在してて、与党と野党みたいな関係性で、常にメインを上に突き上げて、突き上げられるほうもよくなっていく。俺ら関西のバンドは、カウンター側の人間っていう意識があって、だからこそ、関西からおもしろいものがいろいろ出てくると思うところがあるし。特に2005年頃、いわゆる“関西ゼロ世代”って言われてた時は、俺自身が渦中におったし、周りにもおもしろいバンドがいっぱいおって、盛り上がるのが当たり前やと思ってたんやけど、時間が経ってバンドが少なくなって、その健康的な関係が変わってきてしまった気がして。

ーー関西ゼロ世代が注目されてた頃は、東京のバンドが関西にビビリながらライヴをやってたし、関西のバンドがひとつ来るだけでU.F.O.CLUBとかO-nestがパンパンになってましたもんね。

じゅげむ : そういう状況があったからね。 いま東京にライヴでちょこちょこ行くけど、関西から東京を見たら、東京だけでしかやってないように思うんや。ひと昔前で言うたら、東京で有名なものはこっちでも有名やん。東京で流行ってるもんは大阪でも「それが今流行ってるもんや」ってなるし。東京のバンドが来たら、「今これがイケテんねや」って意識してたけど、今はなんか「ああ、東京の人ね」ってだけで。

ーー例えば、そのひと昔前の具体的なバンドってなんですか?


じゅげむ : LESS THAN TVとかもそうやし、渋谷系とかデス渋谷系もそうやし。そういうバンドが関西に来たら、すごい見たいと思ったし、「これが今かっこいいバンドなんや」と思ったり。 とにかく、最近感じるのは、オーバーグラウンドとアンダーグラウンドの関係性が薄くなってるなってこと。もっと言えば、メジャーのレコード会社もアンダーグラウンドに注目して、どんどん商売にシフトしてってる気がするんよ。

ーーアンダーグラウンドから生まれた新しいものを、メジャーが後追いするというか。

じゅげむ : そう、そういう感じ。もともとメジャーはメジャーでまわってたのに、サブカルチャー寄りになってきてるから、サブがサブじゃなくてメインになってきてる。あくまでAKB48とかEXILEとかがメインとしてあってのサブカルチャーやんか。

ーーそうですね。最近だと大森靖子さんのメジャー・デビューもそうだし、大槻ケンヂさんとかCOALTAR OF THE DEEPERSのNARASAKIさんが、ももクロに曲書いたりしてるし。

じゅげむ : そういうのも「ああ、あの人がこんなことやってる」って感じでおもしろいと思うんやけど、最近はメジャーがサブカルチャーを食いものにしてるっていうか。アンダーグラウンドの奴はオーバーグラウンドを目指すし、オーバーグラウンドの奴はアンダーグラウンドの突き上げを意識したりビビリながらおもしろいことをやるっていうのが本当にいい状況と思うんよ。

ーーじゃあ、ワッツーシゾンビはどういう立ち位置なんですか?


じゅげむ : アンダーグラウンド。

ーーでも、曲はアンダーグラウンドじゃないじゃないですか? ポップだし、ノレるし。


じゅげむ : そう? そんなことないと思うけど。

ーーいや、しっかりメロディもあるし歌詞もあるしノレるし。ワッツーシはアンダーグラウンドでやってる感じがしない。

じゅげむ : うーん、そういう立場でありたいというか、自分自身の人間性というか。もっと大きいことを言うと、ロックというものが、もともとそうというか。カウンターでありたいねん。自分自身がモノゴトを動かせるようになりたい。だから、オーバーグラウンドとアンダーグラウンドの間には、ラインが常にあってほしいなって思う。


ーー結局、じゅげむさんの言うサブカルチャーという言葉をインディーに置き換えると、メジャーの波にいまいち乗れていない、鳴かず飛ばずのバンドがインディーと呼ばれている感じがするんですよね。昔はインディーズというプライドがありましたもんね。今は、メジャーの予備軍がインディーと呼ばれているだけのような気がします。

1 2 3 4 5次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy