ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

激震人事で日テレ女子アナ新時代突入!?水卜ちゃんと畑下・岩本ら新人ツートップに期待大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

若手女性社員をいびる”お局さま”女性社員。日本の会社によくある光景と見逃すこともできなくはないが、そのお局がキー局のアナウンサーで、さらに人アナウンサーの採用や退社まで左右する重要人物となると話は変わってくる。

この度、そんなお局が異動となった。彼女の名は、日本テレビの木村優子。53歳の彼女は、この6月の人事異動で、アナウンス部長の職を離れ、子会社・日テレイベンツへと出向になったのである。

この人事異動は、木村ひとりの問題ではなく、日テレ女子アナの空気を一変させる可能性のある、一大事変である。女子アナのタレント化を嫌っていたという木村の意向は、局の女子アナの採用・退社や、出演番組にも影響を及ぼし続けてきたからだ。

例えば、この数年、日テレでは、夏目三久を筆頭に、西尾由佳理、宮崎宣子、脊山麻理子、山本舞衣子といったタレント性の強い女子アナが次々と退社。女子アナ採用は毎年、1人や2人と、もともと母数が少ない上に、局を上げて育ててきた人材が流出するという由々しき事態に。結局、フリーアナウンサーとして夏目を起用し、給料ではなくギャラが発生するなど、採算的に見ても賢いとはいえない流れである。
一方で、入社してくる女子アナも、他局に比べると地味な傾向が続いた。他局がミスキャンパス出身者などを採用する一方で、13年度までの数年はミスキャン出身者はゼロ。
ミスキャンパスなどの大学在学中から目立っている人材は、採用時期に各局で取り合いになることも多い。だが、日本テレビと他局は自然とそこの棲み分けができてしまっている。
例えば、フジテレビに加藤綾子、テレビ朝日に竹内由恵が入社した08年度は、日テレは小熊美香を採用。TBSに田中みな実、テレ朝に宇賀なつみが入社した09年度は、日テレは上田まりえである。もちろん、小熊も上田も地道に活躍はしているものの、正直、派手さの点では他局に劣る顔ぶれとなっている。

しかし、今振り返れば、そんな木村体制の崩壊の前ぶれとも言える傾向が、ここ最近起きていた、と捉えることもできる。
そのひとつが、水卜麻美の台頭だ。昨年末のオリコン・好きな女子アナランキングで常連のカトパンを破り、1位を獲得した彼女。局の社員でありながら『おしゃれイズム』『嵐にしやがれ』などの人気番組にゲスト出演と、タレント的な活躍も。さらに最近では、「鬼うまーい!」と女子高生風にレポートをするなど、自由でかつ支持を得た活躍を見せている。

さらに、新たな風を吹き込んでくれそうなのが、新人女子アナとなる2人だ。この4月には、在学中にミス成蹊コンテストグランプリを受賞した畑下由佳に、元non-noの専属モデルの岩本乃蒼が入社した。ふたりとも、ここ最近の日テレとしては異例の、派手な経歴の2人である。

旧体制が崩壊した今、水卜に加え、畑下・岩本の2人が新しい時代の日テレ女子アナ像を作ってくれるのか、期待をせずにはいられない。

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP