ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JRの格安切符「青春18きっぷ」が値上げ! その歴史とルールを改めて確認

DATE:
  • ガジェット通信を≫

JR東日本(東京都渋谷区、東証1部上場)は、日本の学校の長期休みに合わせて発売している定番企画商品『青春18きっぷ』の価格を改定すると発表しました。

消費税率の引き上げ(5%→8%)に伴う転嫁の上乗せが理由で、今年春までの11,500円から350円引き上げられて、1枚5回分で11,850円となります。

公共企業体日本国有鉄道時代の1983年(昭和58年) に初めて発売されたときは、5回分で8,000円(1回あたり1,600円)でした。

翌1984年(昭和59年)は10,000円(1回あたり2,000円)、それから2年後の1986年(昭和61年)に11,000円(1回あたり2,200円)と改定され、以来、この数字が基準となっていきます。

1989年(平成元年)の消費税導入と1997年(平成9年)の税率改定の時には、10円単位を切り捨てて転嫁しましたが、今回は初めて、50円単位での変更となりました。

従来価格(11,500円)に3%を足すと、11500*1.03=11,845となり、5円の端数を切り上げて、11,850円という訳です。

有効範囲は従来と変更なし。JR6社全路線の普通・快速列車、旧国鉄宮島連絡船の流れを汲むJR西日本宮島フェリー(広島県廿日市市)、それに東日本大震災後の仮復旧として運行されている気仙沼・大船渡線BRT(バス高速輸送システム)に1回分で1日乗り放題。

他のJR線と孤立している大湊線(青森県むつ市・横浜町・野辺地町)への乗り継ぎの利便を図るため、青い森鉄道(青森市)の一部区間を途中下車なしなら乗車できる制度も継続されます。

Manuscript: Traveler’s Supportasia
Post: GoTrip

GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP