ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就活生が「なんでもやります!」 このアピールは有利になるか、不利なのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

就活生が「なんでもやります!」 このアピールは有利になるか、不利なのか?就活も6月に入り、内定がない人はそろそろ焦り始める頃かもしれない。選考落ちの「お祈りメール」が重なってくると、「どこでもいいから雇って!」と頼み込みたくもなる。

「面接担当者に『もう御社しかないんです! なんでもやりますから!』とお願いして、ようやく内定をもらいました」

こう振り返るのは、大手証券会社に勤める男性Aさん(31)。新卒で入社した会社で、いまも営業社員として働き続けて9年目を迎える。離職率の高い業界であるだけに、会社にとってはこの採用は成功だったといえるだろう。

学生に「白紙」を求める企業には有効か
経営者側にも「なんでもやります!」戦法に好感を抱く人がいるようだ。広告代理店を運営するベンチャー企業社長(34)も、営業職の新卒・中途採用面接では、こだわりのないチャレンジ精神を重視すると話す。

「我々のような中小企業は、言ってみれば自分のコピーとなって動いてくれる社員が欲しいわけです。『なんでもやります』という人の方が変な癖がついていない分、飲み込みも早い。こだわりの強さは、マイナス評価になりかねませんよ」

こうした考え方は、大企業でも根強い。神戸大学大学院経営学研究科の伊達洋駆氏は、学生に自社のやり方に染まって欲しい企業は「大学と企業は”非連続”であって欲しい」と望み、学生に「白紙になること」を求めていると指摘する。

つまり、これまで身に付けてきた知識やスキル、経験をどれだけ示せるかという”連続性”をアピールする学生とのギャップは大きくなる。「自分はこれができます」というより「何でもやらせて」という学生が歓迎されるゆえんだ。

ただ、こうした意見に異論を唱える人もいる。デジタルメディア事業・ログミーCEOである川原崎晋裕氏は、「『なんでもやります!』という人は採用しないほうがいい」と主張し、そうした人は雇わないことに決めているという。

「なぜかというと、『なんでもやります! すべてを捧げます!』と言う人は、その会社に入ることがゴールになってしまうからです」

成長中のベンチャーは「やりたいこと」重視
川原崎氏は、入社することやその職業に就くことがゴールになると、そこで満足して成長が止まってしまう傾向にあると見ている。したがって採用にあたっては、入社した「その先を見ているかどうか」「その人自身が会社と一緒に成長し続けて」いけるかどうかを重視しているのだ。

日経ビジネスオンラインに掲載された「ぶっちゃけ人事トーク」でも、ベンチャー企業の採用担当者2人が「『何でもやります』という人は、あまりほしくない」という意見で一致している。

「本人の中に目的意識がない仕事をいくら頑張ってもらっても、芽が出ないように思うんです」(ネットプロテクションズ・秋山 瞬氏)
「やりたいことのイメージがない人は、ちょっと使いにくいなと思いますね」(Sansan・角川素久氏)

実際にこの2社を取材し、新卒社員にインタビューしたオバタカズユキ氏も、「(この会社の社員は)明るくて真面目なのだけど、我が強い。大企業だと弾かれちゃったり、行き詰ったりしそうな人が多めに感じました」と明かしている。

ただ、どのような人材が欲しいかどうかは、会社の規模や成長段階などによっても変わってくるものだ。一律に「なんでもやります!」という人材を歓迎する社長や人事担当者を、ほめそやしたり貶したりする必要もない。

一方、就活生としては、企業側がどんな学生を求めているのか、つまり「これができます」か「なんでもやります」なのかを見極める必要がありそうだ。

あわせてよみたい:「ナルシスト採用」始まる…自意識過剰な人大募集!

最新記事は@kigyo_insiderをフォロー/
キャリコネ編集部Facebookに「いいね!」をお願いします

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。