ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイスランドの歌姫・ビョーク、近現代アートの殿堂・MoMAで回顧展を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『バイオフィリア』
アイスランドの女性シンガー・ビョークさんの、これまでのキャリアを振り返る回顧展がニューヨーク近代美術館(MoMA)で開かれることがわかった。

会期は2015年3月7日から6月7日まで。回顧展では、1993年にリリースされたソロ1stアルバム『デビュー』から、最新作となる2011年発表の『バイオフィリア』までの7作品にわたる、ビョークさんの音楽や映画、ビジュアル、楽器、衣装を通してビョークさんの魅力を伝えていく。

また、これまで行ってきたアーティストや映画監督、写真家、ファッションデザイナーなど、様々な分野とのコラボレーション作品も紹介。

アーティストだけでなく、ファッションや女優等、90年代から20年以上にわたって多方面で活動を続けるビョークさんの本格的な回顧展となる。

独創的な世界観とたぐいまれな表現力を持つ歌姫

ビョークさんは、1965年に生まれ、10代前半から様々なバンドに関わり音楽活動を重ねてきた早熟のアーティスト。80年代後半にイギリスのインディーズレーベルからソロデビューし、不思議な魅力とたぐいまれな表現力をもった歌声から、瞬く間に世界中から注目を集めるまでになった。

björk – all is full of love


その独特の佇まいからファッションや楽器に至るまで、すべてが独創的な世界観に裏打ちされたビョークさん。そんな彼女の回顧展が、権威ある近代美術館・MoMAで展示されるということで、世界中から注目が集まっている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP