ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【オモシロ間取り】脱出ゲームハウス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ちょっと変わった間取りの物件をお届けするこの連載。第18回は「脱出ゲームハウス」をご紹介しよう。

「目が覚めたら、見覚えのない密室に閉じ込められていた……」というプロローグから始まることの多い「脱出ゲーム」。外側から鍵がかけられていたり、近くに死体が横たわっていたりと、さまざまなシチュエーションがある。近年では、リアルイベントの開催やテレビドラマの放送などで、その人気にさらに火がついている。

そんな「脱出ゲーム」に注目中のゲーマーにオススメなのが上記の物件だ。一見普通の家だが、よく見ると玄関から部屋への入り口が完全に塞がっている。つまりこの家全体が閉ざされた空間となっているのだ。不可解なことにテラスや裏口などはあるが、これが脱出ゲームハウスだとしたら、それらはダミーに違いない。窓から脱出するという選択肢もあるが、仮にこの部屋が高層ビルの一室だった場合、それすらも困難になる。便器の後ろにある謎の扉もなにかのメッセージだろう。

この部屋でいったいどれだけの人間が、脱出を試み、そして果てていったのだろうか……。毎日の暮らしに刺激を求めている人は、この物件でゲームの主人公になってみるのも良いかもしれない。

(阿部綾奈/ノオト)

●CHINTAI記事関連リンク
【オモシロ間取り】ウォームジャパン
【オモシロ間取り】素材へのこだわり
【オモシロ間取り】走ってもいい廊下

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP