ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤマハ発動機とヤマハ ロゴマークには微妙な差が存在する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 会社ロゴマークは企業と消費者をつなぐ接点であり、事業哲学と経営戦略が込められた看板だ。どのマークにも、経営者たちの熱い思いや知られざる物語が存在する。
 ヤマハ発動機は、日本楽器製造(現ヤマハ)のオートバイ製造部門が分離して1955年に設立された。同社のロゴマークは、音叉を3本組み合わせたデザインで「技術」「製造」「販売」の3つの要素を示すとされる。よく見ると、ヤマハ発動機とヤマハでは微妙に異なる。
 
 音叉が立体的で、YAMAHAの「M」の文字の中央部分が下まで伸びているのがヤマハ発動機。音叉が平面的で「M」の中央部分が下まで伸びていないのがヤマハ。色もヤマハ発動機が赤、ヤマハはバイオレットである。
※週刊ポスト2014年6月27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヤマハとヤマハ発動機 同じコンセプトでブランド戦略構築
楽器と二輪事業展開のヤマハブランド 売上の8割以上は海外
ヤマハ 西洋音楽が未普及の国に楽器や音楽普及させ需要創造

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP