ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

純粋男 殺到する女性名の迷惑メールを見て「モテキがきた」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 薄汚れた人間よりも純粋な人間のほうがいいのかもしれないが、純粋すぎるのも大問題。埼玉県に住む女性Fさん(47才)の夫(44才)は、とんでもないピュア人間だという。
 * * *
 単純でなんでもかんでも真に受ける夫を、ずっと「ピュア」と思おうとしてきたんだけど、もう限界。若気のいたりとはいえ、なんでこんな男と結婚したんだか…。娘に顔向けできませんっ。
 先日、駅から走ってきたらしく、汗だくで帰ってきて「オレ、もしかしたらモテキかもしれん」と、肩で息しながら言うのよ。意味がわからないからキョトンとしていると、携帯電話を取り出して「ほら見ろ」って。
「朝から知らない女の子からメールが入りまくってるんだよ。みゆきに洋子にカナに留美。『寂しいから連絡して』とか。この人は年上なのかな。『おばちゃんでゴメンナサイ。でもお金ならあります。デート謝礼、払います』だって。毎朝行く喫茶店のアルバイトの子か、もしかしたらこの前、1回だけ行ったスナックのママさんかも」って、マシンガントーク。
 呆れて“迷惑メール”の仕組みを教えてあげたけど、そしたら「またまた~。焼きもち焼くなって」って…。
 こんなバカはいっぺん、アヤシイ業者のメールの餌食になって、世間を知ったほうがいいかもね。
※女性セブン2014年7月3日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
携帯メールで浮気バレる2要素は「予測変換」「メール件数」
面白過ぎる迷惑メール 出会い系サイトアルバイトが作文に従事
妻の不倫願望疑う夫 他人の携帯から偽出会いメール出し審査

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP