ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

収納内の湿気を防止! 身近な材料が活躍する「エコ」な除湿グッズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

梅雨の時期、どうしても避けられないのが収納の中の湿気だ。すのこを敷いたり、専用の除湿剤を置いたりと、さまざまな対策方法があるが、今回は身近な材料で簡単に作れる「エコ」な除湿グッズを紹介しよう。

重曹を使った「ミニ除湿ビン」

主に掃除用に使われる重曹だが、実は消臭・除湿効果も兼ね備えた万能アイテムなのだ。人体にも自然にも優しい重曹を使って、ちょっとオシャレなミニ除湿ビンを作ってみよう。

【材料】
・重曹
・ビンなど小さめの容器
・目の粗い布
・リボン、または紐

【作り方】
1. 用意したビンなどの容器に、半分ほど重曹を入れる
2. ビンの上に目の粗い布や不織布を被せ、リボンテープでしっかりと止める。これで完成だ!

かわいらしい布とリボンを使用することで、インテリアのアクセントにもなりそう。 アロマオイルを数滴垂らすことで、芳香剤の役目もはたしてくれる。ミニサイズなので、引き出しの中など狭い場所に使用するのがオススメ。

新聞紙を使った「除湿シート」

身近に手に入れることができる新聞紙は、ご存じのとおり、抜群の吸水能力を持つ究極の「エコ」アイテムだ。押入れ内の衣料品ケースに敷き詰めれば、除湿シートに変身!

衣料品を収納するクリアボックスの底面に、新聞紙を敷き詰める。

インクの汚れが衣服に移らないように、ラッピング用のペーバーを上から被せる。これだけでOK。非常に簡単なうえ、ピンポイントでしっかり除湿効果を得ることができる。

木炭を使った「除湿&消臭袋」

木炭には消臭効果に加え、高い除湿効果がある。炭には目に見えない無数の穴が開いており、その中に水分を吸収してくれるのだ。また「エコ」なことに、何度でも繰り返し使えるというスグレモノ。

バーベキュー用の木炭(約500グラム)を、タワシなどで水洗いして天日干しにする。乾いたら、不織布のラッピング用の袋に詰める。通気性のよい紙に包んでもOK。

湿気や臭いのこもりやすい、シューズクローゼットに入れてみた。この際のポイントは、湿気の多い下段に入れること。3~6カ月程で水分を吸収しきってしまうので、再度洗って天日干しをしよう。

家庭にある材料を使って簡単に作れ、お財布にも自然にも優しい除湿グッズ。今回紹介したようなテクニックを駆使して、梅雨のジメジメを爽やかに乗り越えよう!

(波多野友子+ノオト)

●CHINTAI記事関連リンク
ゴキブリ退治に効果バツグン! ホウ酸団子の作り方
梅雨を楽しく! 最新かわいい傘で気分を盛り上げよう
美容師直伝! 湿度に負けないヘアスタイリングのコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP