ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、HTC One(E8)を発売開始からわずか15分間で5万台販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC One(M8)のプラスチックバージョンとなる「HTC One(E8)」が中国で6月18日に発売されたのですが、出だしは好調のようです。HTCの中国法人がWeiboを通じて、発売開始から15分間で5万台が売れたことを明らかにしました。HTC One(E8)は、現地では今のところオンラインのみで販売されています。価格は2,999元(約49,000円)と、中国で流行りのハイスペックなサブ1,000元スマートフォンに比べて3倍の値段なのですが、こんな短時間で5万台も売れたことは、価格を考えられば大健闘と言えると思います。だから発表したのでしょう。HTC One(E8)は、オシャレさを重視して開発されたHTC Oneの派生モデルです。基本スペックはHTC One(M8)を継承しつつも、筐体素材が金属からポリカーボネイト(ユニボディ構造)に変更され、雰囲気が一変しました。また、カメラは410万画素のDuo Camera with UltraPixelではなく、シングルの1,300万画素に変更。上部のリモコン用赤外線LEDは廃止になりました。HTC One(M8)に比べてスペックはやや下げられています。Source : Weibo



(juggly.cn)記事関連リンク
Jolla、Android向けにSailfish OSのホームアプリ「Jolla Launcher」を来週より配信
SNKプレイモア、Android / iOS向け新ゲーム「ザ・リズム・オブ・ファイターズ」をまもなく配信、格ゲーと音ゲーを融合したリズムアクションゲーム
Logitec、Android端末を音楽CDのリッピングマシンにできる「Android用CD録音ドライブ LDV-PMH8U2Rシリーズ」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP