ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

偽物Flash Playerが横行しパスワードやクレジット情報が盗まれる! ニコニコ動画からもリンクされる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


入力したパスワードやクレジットカード情報が盗まれる偽物Flash Playerが横行しているようだ。アップデートを促し接続されたサイトはAdobeとは無関係の偽造サイト。ダウンロードしたのはFlash Playerになにかしらのコードが仕込まれているものと見られている。

Windows版の現時点(2014年6月19日)のFlash Playerのバージョンは14.0.0.125である。つい先日アップデートしたのにこのバージョンになっていなかったら要注意。また偽物は極端に容量が少ないのも特徴。

偽Flash Playerのダウンロードサイトには普段見られるマカフィーを含めるかどうかのチェックボックスが存在せず、またページを開いた際に「Flash Playerへの最新バージョンへのアップデート!」というポップアップが表示される(ブラウザにより表示されない場合も)。その後ページを開くと「今すぐダウンロード」を押す前に「setup.exe」が強制的にダウンロードされる。このexeファイルのアイコンが古いのも特徴の1つである。

説明文も「新しいバージョンのFlashPlayerは放送速度はもっと速くて、性能は良いとなります」と不自然な日本語である。

『ニコニコ動画』にアクセスするとFlash Playerのアップデートが促され、その接続先がadf.send.microad.jp経由で偽Flash Playerダウンロードサイトに遷移される。こちらも上記同様偽物の偽物Flashなので要注意。

Flash Playerのアップデートをする際は正規のAdobeのウェブサイト(http://get.adobe.com/jp/flashplayer/)か、日本語が怪しくないかなどをきちんと確認した方がいいだろう。

Flash Playerが最新か確認はこちらで
http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP