ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

七夕を詩で彩る 不可思議/wonderboy追悼「POETRY FES 2014」開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
七夕を詩で彩る 不可思議/wonderboy追悼「POETRY FES 2014」開催

「POETRY FES 2014」
7月7日(月)、音楽レーベル・LOW HIGH WHO?が主催する、言葉と音の重厚なイベント「POETRY FES 2014」が、渋谷パルコパート1にあるソーシャルTV局・2.5Dにて開催される。

七夕の日に開催される同イベントは、イベントタイトルにもある通り「」に注目したラッパーや詩人、パフォーマーたちによる年に一度の祭典。

出演者には、福島の現状を訴えた楽曲「人生1回きりのNOがあるなら」で話題の狐火さんや、Mummy-Dさんとのコラボ楽曲「okay!」など活動の幅を広げる17歳の女子ラッパー・daokoさん。さらには、「高校生RAP選手権」で注目を浴びたGOMESSさんや、愛知県のゆるキャラ・オカザえもんの楽曲を制作するエンヤサンなど、多数の豪華な名前がラインナップされている。

前売りチケットは2.5Dの公式Webサイトより予約受付中。また、当日の模様はインターネットでも生中継される。

不可思議/wonderboyの理想のイベント

【路上LIVE】「Pellicule」by 不可思議/wonderboy

「POETRY FES」は、LOW HIGH WHO?所属のポエトリーラッパー・不可思議/wonderboyさんの追悼イベントとして2011年から開催。

不慮の事故によって若くしてこの世を去った不可思議/wonderboyさんがやりたかった”ポエトリーラップのイベント“を叶えるため、年に一度のペースで七夕の日に開催している。

不可思議/wonderboyさんは、語りかけるようなポエトリーラップというスタイルを築き上げたアーティスト。国民的詩人の谷川俊太郎さんにも直々に認められ、2011年には谷川さんの詩をラップした楽曲「生きる」を発表。

そのメッセージ性の強い楽曲は、死後なお愛され続けており、5月にはレア音源を集めた作品集『不可思議奇譚』がリリースされた。

今回のイベントには、そんな不可思議/wonderboyさんの機材を譲り受けたUtatane/Nayutaさんも出演。

前回は、不可思議/wonderboyさんのライブ映像の上映や、GOMESSさんのLOW HIGH WHO?への加入が発表された。今回はどのようなお祭りになるのか非常に楽しみだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。