ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

andropの新曲「Shout」が金曜ドラマ『家族狩り』の主題歌に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

andropの新曲「Shout」が、7月4日よりスタートするTBS系金曜ドラマ『家族狩り』の主題歌に決定した。andropの楽曲がドラマ主題歌に起用されるのは、昨年の「Voice」に続き今回が二度目である。

『家族狩り』は、「悼む人」で直木賞を受賞した天童荒太が2004年に発表し、120万部のベストセラーとなった不朽の名作ミステリー。家族とは何か、生きるとはどういうことか、という根源的な問いに真正面から挑んだ長編小説は、多くの人に衝撃を与えた。ドラマ化にあたり、現代の家族や社会に惑う群像の中に、人間の醜さ、悲しさ、気高さ、そのすべてが描かれた至高の物語が完成。主演は松雪泰子が務める。

主題歌に起用された「Shout」は、andropがドラマの脚本に沿って書き下ろした新曲。繰り返す日常の中で鬱積していく不条理な現実に惑い、もがきながら、それでも前へ進もうとする。声にならない心の「叫び」が激情的に展開していく、儚くも美しいロックナンバーが完成した。

6月18日よりGyaO! にて同曲のレコーディング・セッション映像が2週間限定公開されているので、是非チェックしよう。

■金曜ドラマ『家族狩り』オフィシャルサイト
http://www.tbs.co.jp/kazokugari/

【各関係者コメント】
■天童荒太
andropさんへの、ドラマ『家族狩り』の主題歌依頼をプロデューサーから相談され、アルバムを拝聴しました。一曲目の一音を聴いた瞬間、といえば大げさかもしれませんが、ものの三秒も聴いたところで「ぜひ」と思いました。柔らかいけれど芯のある声で、丁寧に選ばれた音が奏でられていき、深いところへ、ろ過された水滴が落ちて届くような、清明な気持ちにさせられる曲が、以後もつづきました。つらい現実を通り抜けて、地に足のついた希望が語られる『家族狩り』のテーマは、andropさんの楽曲とも通底するものがあり、今回エンディングを飾っていただけることを心から嬉しく思っています。

■ディレクター 坪井敏雄
今回の「家族狩り」という番組は、内容的にかなり突っ込んだ人間ドラマであり、ミステリーでもあります。原作にも描かれているハードな描写もあり、骨太な作品になっております。主題歌が肝になるなと考えていました。

そして今回、主題歌をandropさんに書き下ろしていただくというチャンスをいただきました。

内澤さんの透明感のある声、そして楽曲、演奏のクオリティの高さ、その全てが作品に命をあたえてくれるんだと、とても興奮いたしました。

撮影中に内澤さんと何度か直接お会いして、作品のテーマや内容をお話しさせていただき、台本や、編集した映像も見ていただきました。内容に共感していただいた内澤さんから、この歌はこの作品のためにあるべきであるという言葉をいただき、内澤さんの「家族狩り」に対する愛情や熱意を直接感じることができました。

そして、われわれの元に届いた「Shout」。

歌詞の内容も作品のテーマや登場人物に感情移入されていて、内澤さんの息吹から始まる歌にも魂をゆさぶられました。

そして、実際に主題歌をいれた形で映像をみたときは、内澤さんの想いが作品に吹き込まれ、この曲で「家族狩り」が完成したんだという高揚感で震えました。

素敵な主題歌ありがとうございました。
andropさんにお願いして良かったと本当に本当に思っています。

■androp 内澤崇仁
「Shout」は、小説と脚本を拝見させて頂き制作しました。物語で描かれている「不条理な家族」や、生活の中で巻き起こる「内なる不条理」をテーマに、目には見えない感情や心の叫びを歌と音に込めました。日々生きていると辛く立ち止まってしまう時、叫びたい瞬間は幾度となく訪れますが、そんな人の背中を押せるような力強い楽曲になっています。僕らの大切なこの曲がドラマへさらに彩りを添えられたら嬉しく思います。

「one-man live tour “period”」
8月30日(土)  Zepp Nagoya
8月31日(日)  Zepp Nagoya
9月06日(土)  Zepp Sapporo
9月13日(土)  Zepp Fukuoka
9月23日(火・祝)  Zepp Tokyo
9月24日(水)  Zepp Tokyo
9月27日(土)  Zepp Namba
9月28日(日)  Zepp Namba

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
androp オフィシャルサイト
映画『アップルシード アルファ』のメインテーマを中田ヤスタカが書き下ろし!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP