ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

再就職の味方「主婦インターンシップ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

学生だけじゃない、主婦向けのインターンシップがある

インターンシップと言えば、大学生が企業内で短期間職務経験を積み、社会へ出る準備をするものが一般的です。しかし、現在は、主婦向けのインターンシップがあります。しかも、事前にビジネスマナーなどの研修を受けることができて、インターンで働く間も1日最大7千円の助成金の支給を受けられるというありがたい仕組みなのです。(中小企業庁HP「中小企業新戦力発掘プロジェクト」より)今回は、この主婦インターンシップの概要とメリットについて紹介します。
「主婦インターンシップ」は、平成25年度より中小企業庁で始まった「中小企業新戦力発掘プロジェクト」として導入されました。中小企業と、働きたいがブランク等が気になり一人では就職に踏み出せない再就職希望者の主婦をつなぎ、まずは職場体験(インターン)を実施してから、互いに相性や仕事ぶりをみて正式な採用につなげるというものです。

「主婦インターンシップ」は主婦と中小企業の双方にメリット

ポイントは、利用する双方にメリットがあることです。人材不足に悩む中小企業にとっては、積極的でスキルがある人材を確保するチャンスです。育児や介護を経験した主婦は、段取り力や指導力に長け、職場の中で新しい風となって活躍してくれることが期待されます。一方で、主婦にとっては事前に職場の様子を知ることができ、職場体験を通して仕事の流れやビジネス習慣を思い出し、スムーズに社会復帰することができます。
つまり、採用広告を出してもなかなか人が集まらない中小企業、久しぶりの就職活動に不安が大きく行動が起こせない主婦、双方にメリットがある仕組みなのです。

主婦の再就職は簡単ではない。就職活動の一つとして利用を

今、再就職した後、短期間で自ら辞めてしまう主婦は少なくありません。「勤務地や時間などの条件で選んだが自分には向いていない仕事だった」「家庭との両立に疲れてしまった」「生活リズムの変化に家族から働くことへの反対にあった」などが主な理由です。準備なしに突然働き出すと、自分自身も周囲も戸惑いが大きいものなのです。そうして「やっぱり働くことは難しい」と落ち込んでしまうケースもあります。
自分の能力を発揮し、価値観に合う職場を見つける作業は大変なものです。久しぶりの就職活動では社会復帰する不安も大きいことでしょう。就職活動の一つとして主婦インターンシップを利用し、自分に向いている職場探しをして、家庭との両立を進めながら本格的な仕事復帰を目指してみるのも良いと思います。
「働きたい」という思いを大切にし、勇気を出して一歩踏み出してみてください。きっと、新しい世界が広がっています。

JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP