ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生活保護費でギャンブルをしてはいけない市がある?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.
 生活保護で得たお金でギャンブルをすると違法とされる条例を施行した自治体があるというのは本当?
(1)ある
(2)ない

A.
正解(1)ある

 もし、あなたが生活保護を受け取った人が、そのお金を抱えてスタスタとパチンコ店に入っていくのを目撃したら・・・。「何のための生活保護費なんだ?」と思うでしょうか、「万人に娯楽はある程度必要だ」と思うでしょうか?
 生活保護費はあくまで生活を営むことができない人に与えられるものと考え、前者の立場にたって、生活保護費、いいかえれば行政のコストが適正に使われるように条例を施行したのは兵庫県の小野市です(参照:小野市福祉給付制度適正化条例の制定)。
 ギャンブルで浪費してしまった受給者に対する罰則規定はないものの、そうした人には指導を行っていく旨が定められています。また、市民にそうした受給者を発見したら自治体に報告するように定めている点も特徴です。

元記事
生活保護費でギャンブルをしてはいけない市がある?

関連情報
決議事項の上程及び審議(10) ~議案提案権~(議事録から見る会社法)
予備校を辞めたのに授業料没収!?(今週の話題 ~法律はこう斬る!)
決議事項の上程及び審議(8) ~自己株式取得の件~(議事録から見る会社法)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP